WAN高速化 SDN/ネットワーク仮想化

SD-WANの導入--金融サービスセクターで進む採用

バラクーダネットワークスの調査によると、SD-WANをすでに展開済み、または1年以内に展開する計画だとする回答者は74%になるという。

 パブリッククラウドサービスの市場が過熱しているというのは、控えめな表現だろう。Gartnerの分析によると、これらのサービスは、ITサービス全体の市場の3倍の速度で成長する見通しだという。2022年までに、SD-WAN(Software-Defined Wide-Area Network)市場は3310億ドル規模を超えると予想されている。ネットワークとデータ、セキュリティを手がけるBarracuda Networksは最新の調査で、SD-WAN市場の現状や今後の展開などについて考察している。

さまざまな業界での採用トレンドと人気のサービス

 Barracudaの調査は、750人の幹部(組織の技術的なクラウドインフラストラクチャーを監督する、またはそれについて詳しいチームマネージャー)を対象に実施された。回答者のほぼ4分の3(74%)は、SD-WANをすでに展開済み、または1年以内に展開する計画だと述べた。

 セキュリティ上の懸念は、パブリッククラウドの採用を妨げる最大の要因である。

 これらのネットワークの採用状況は、業界やセクターによって異なる。全体的に見ると、SD-WANの採用が最も多いのは金融サービスセクターだった。金融サービスの回答者の約3分の1(35%)は組織がすでにSD-WANを展開済みだと述べ、18%は展開を進めているところだと答えた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約891文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]