ウェブ会議 チャット

「Microsoft Teams」でダークモードを使用にするには

「Microsoft Teams」には、モバイルデバイスユーザーの間で人気の高いダークモードが搭載されている。設定方法を紹介する。

 「Microsoft Teams」コラボレーションプラットフォームには、モバイルデバイスユーザーの間で人気の高いダークモードが搭載されている。ダークモード機能は目の疲れを軽減し、より良い睡眠を促進する。筆者の意見を言わせてもらえば、画面の見た目もよくなる。さらに、ダークモードは「iOS」および「Android」デバイスでバッテリー消費を軽減できるので、当然、ノートPCでもバッテリー消費を減らせるはずだ(ディスプレイの種類による)。このことは、Microsoft Teamsのような仕事用のアプリでは、特に重要である。壁のコンセントが近くにない場合は、バッテリー消費を可能な限り減らしたいと思うはずだ。ダークモードを使用すれば、ピクセルをオフにして、コンピューターのバッテリー性能を最大限に活用することができる。

 ただし、MicrosoftはTeamsでダークモードを見つけやすい場所に配置していない。ユーザーは「Settings」(設定)メニューがどこにあるのかを知っている必要がある。「Settings」(設定)メニューでも、ダークモードは分かりにくい場所に隠されている。

 Microsoft Teamsを開いた状態で、画面右上にあるシルエットを探す。このシルエットはユーザーのステータスを示す。例えば、応答可能な場合は、その横にチェックマークが表示される。取り込み中の場合は赤い点、応答不可の場合は赤い点に線が引かれたマークが表示される(図A)。「Settings」(設定)メニューはここに隠されている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約537文字 ログインして続きを読んでください。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]