コミュニケーション AI・機械学習 凸版印刷

筑波大附属病院、外国人患者とのやり取りに翻訳サービス「VoiceBiz」本格活用

外国人患者受入れ医療機関認証制度の認証を受けている筑波大学附属病院は、外国人患者とのやり取りに翻訳サービス「VoiceBiz」を2019年8月からトライアル活用。2020年6月から本採用している。

 国立大学法人筑波大学附属病院(茨城県つくば市)は、6月から翻訳サービス「VoiceBiz」を採用。外国人患者とのコミュニケーションに活用しているという。6月17日、サービスを開発する凸版印刷(台東区)が発表した。

 外国人患者受入れ医療機関認証制度の認証を受けている筑波大学附属病院は、安全、安心に医療サービスを受けられる体制整備にむけてさまざまに取り組んでいるという。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]