CRM ERP

「Dynamics 365 Customer Insights」--点在する顧客データを統合してさらに有益な情報に

「Microsoft Dynamics 365 Customer Insights」は、顧客に関するデータをさまざまなソースから集約し、サードパーティーのデータによって補強することができる。これにより、個々の顧客に合ったサービスの提供が可能になるという。

 3月上旬、Microsoftのシアトルの従業員が在宅勤務となる前日、普段よりも多くの人がウェブで「Outlook」という言葉を検索していた。その翌日には、さらに多くの人が「Teams」を検索するようになった。これらの検索は3月前半を通じて増え続け、翌週に学校やレストランなどの公共の場所が閉鎖されて都市封鎖が始まると、さらに増加した。「edge browser」(Edgeブラウザー)、「updates」(アップデート)、「office online」(Officeオンライン)、「rewards dashboard」(Rewardsダッシュボード)など、よく検索されるMicrosoft関連の用語が霞んでしまうほどだった。「Microsoft Zoom」の検索は、1日で20%急増した。その原因は、どの企業がどのビデオ会議ツールを所有しているかについて、混乱が生じていたことだろう。あるいは、その日に「Zoom爆撃」が報じられたために、代わりのツールが検索されていたからかもしれない。

 1カ月後の4月下旬になっても、Teamsの検索は大幅に増えているが(すでに増加していた3月と比べても83%多い)、人体の活動データをランダムシードとして使う暗号通貨に関するMicrosoftの特許の検索も増加中だ。その特許番号は陰謀論者の関心を引いている。

 筆者は「Dynamics 365 Market Insights」のプレビューで「Microsoft」を関心のあるトピックに設定していたため、こうしたインサイトが受信トレイに届いていた。Market Insightsのプレビューはすでに終了したが、ブランドやソーシャルデモグラフィックのインサイトを追跡するオプションは、今も「Dynamics 365 Customer Insights」サービスで利用でき、顧客に関して収集したデータをサードパーティーのデータ(Microsoftが「Bing」などの自社サービスから学習した情報など)で補強し、さらに有益なものにすることができる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3537文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]