ウェブ会議

「Zoom」で独自のバーチャル背景を設定するには

「Zoom」で独自のバーチャル背景を設定するのは、一見、簡単に思えるが、注意すべき点もある。

 「Zoom」のバーチャル背景は、リモートで作業や会議を行うプロフェッショナルにとって、非常に便利な機能の1つである。グリーンバックは不要で、数回クリックまたはタップするだけで、散らかった部屋を同僚や友人、家族から隠すことができる。

 ただし、Zoomのデフォルトの背景オプションには制限がある。使用しているZoomアプリの種類によっては、背後の部屋を隠す画像として、ゴールデンゲートブリッジ、芝生、宇宙空間から撮影した地球の写真しか選択することができない(図A )。

図A

図A

 Zoomで独自のバーチャル背景を作成する作業は、一見、簡単に思える。デフォルトの画像オプションの横にある「+」記号をクリックすれば、自分の好きな画像を追加できるからだ。ただし、必ずしもそのカスタム画像が適切に表示されるわけではない。

 注:バーチャル背景は、最小要件を満たす「Windows」「macOS」「iOS」マシンでサポートされている。それらの要件を満たさないマシンでもバーチャル背景を使用できるが、品質はまちまちである。「Android」デバイスでは、現在のところ、Zoomのバーチャル背景はサポートされていない。

Zoomのカスタム背景のサイズと形状を決定する方法

 まず、Zoomのバーチャル背景の使い方が分からない人は、 Zoomのデスクトップバーチャル背景と iOSのバーチャル背景に関する米TechRepublicのチュートリアルに目を通して、その方法を学んでほしい。ここから先は、読者の皆さんがバーチャル背景を有効および無効にする方法を理解しているという前提で、説明を進める。

 Zoomは、バーチャル背景として使用可能な画像のサイズや寸法を実は制限していないので、どんな画像でも使える。ただし、使用したい画像がカメラのアスペクト比と一致していない場合は、図Bのように、画像の一部が切り取られる。

図B

図B

 バーチャル背景として設定した1280×1024画像の各カラーバーは同じ幅であるはずだが、Zoomでは画像が自動的に中央に配置されるので、画像の端が切り取られる。

 画像を適切にフィットさせて、見栄えを良くするには、以下の2つのものが必要だ。

  1. ウェブカメラのアスペクト比に一致する画像。
  2. Zoomで拡大表示してもぼやけないだけの品質を備えた画像。

 macOSでウェブカメラのアスペクト比を確認するには、Appleアイコン>「About This Mac」(このMacについて)>「Support」(サポート)>「Specifications」(技術仕様)の順にクリックする。システムの技術仕様が記載されたウェブページが表示されるので、そこで自分のウェブカメラに関する情報を探す。

 「Windows 10」では、「Camera」(カメラ)アプリを起動して、「Settings」(設定)メニューを開く。ここで、カメラの設定を確認および変更できる。

 最近のノートPCに搭載されているほとんどのウェブカメラは、720pか1080pのどちらかである。つまり、アスペクト比は16:9だ。16:9の画像のサイズは、1280×720ピクセルか1920×1080ピクセルのどちらかである。アスペクト比が4:3(または4:3に設定可能)のウェブカメラもある。この場合、画像のサイズは1024×768ピクセルか1280×1024ピクセルのどちらかだ。

Zoomに適切なカスタムバーチャル背景を見つける

 カメラのアスペクト比が判明したら、画像を見つけよう。ここでは、独創性を発揮できる。

 バーチャル背景に適切な画像を選択するための鍵は、重要である。暗すぎる画像は見づらい。明るすぎる画像やごちゃごちゃした画像は通話の邪魔になる。

 米TechRepublicに寄稿するAndy Wolber氏は、青色の無地の背景に自身のTwitterハンドルが書かれた画像を使っており、非常に効果的だと語っている。この背景は、極めてシンプルで、相手の邪魔になることもなく、Zoom以外の手段で連絡を取りたい人に最低点の情報を提供するという。

 ほとんどの人のモバイルデバイスには、大量の写真が保存されているはずだ。どの写真もZoomの背景として使うことができる。ただし、スマートフォンのアスペクト比はウェブカメラと異なる場合があるので、画像の一部が切り取られる可能性がある(横向きモード以外で撮影された画像の場合は、特にそうだ)、ということは覚えておこう。

 最後に、ストックフォトやそのほかの画像をオンラインで無料で入手することも可能だ。インターネットから画像を選択するときは、自分に使用権がある画像を選ぶ必要があるので、ライセンスや帰属表示が不要であることが画像のソースに明記されているか確認しよう。

 「Pexels」のようなストックフォトサイトでは、完全に制限のないプロのストックフォトが提供されているが、ウェブ検索やソーシャルメディアで見つけた画像の使用には許可が必要な場合がある。

提供:Zoom
提供:Zoom

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]