AI・機械学習 IAサーバ

FPGAのザイリンクス、アクセラレーターカード新製品--H.264やHDRをサポート

FPGAを開発するザイリンクスは、アクセラレーターカードの新製品「Alveo U30」を発表した。「1チャネルあたりのコストを削減し、高い密度トランスコーディングを必要とするライブ放送事業者」向けという。

 ハードウェア定義言語(HDL)と呼ばれる言語で回路そのものを設計し、書き換えられるプログラミング可能なプログラマブルロジックデバイス(PLD)の一種であるField Programmable Gate Array(FPGA)を開発するザイリンクスは6月16日、アクセラレーターカードの新製品「Xilinx Alveo U30」を発表した。

 6月12日に開かれたオンライン記者会見で米本社データセンターグループビデオ製品マーケティング担当ディレクター Aaron Behman(アーロン・ベーマン)氏は、「(U30が)1チャネルあたりのコストを削減し、高い密度トランスコーディングを必要とするライブ放送事業者」向けと説明し、ビットレートあたりのコスト削減を目指す放送事業者には、既存の「Xilinx Alveo U50/U200」を推奨した。日本からU30は台湾のWistronがアジア太平洋地域、今夏からはHypertecも北米と日本市場を担当する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1412文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]