電子署名 アドビ システムズ(disital experience)

ハンコ撤廃、7割が支持も半数は「容易ではない」--取引先に従わざるを得ない

アドビが全国の中小企業経営者や役員500人を対象としたインターネット調査の結果を発表。生産性低下をもたらすハンコは無くした方がいいという認識がある一方で、“撤廃は容易ではない”が半数を超えている。

 7割がハンコ撤廃を支持するものの、容易ではないが5割――。6月15日、アドビ システムズ(アドビ)がインターネットを活用したハンコの利用実態調査を発表した。対象は従業員300人以下の企業に勤める全国の経営者、役員500人。

 直近1年に実際活用した契約手法としては、ハンコ活用が最多の83%。電子契約が17.8%だったという。

直近1年の契約方法(出典:アドビ) 直近1年の契約方法(出典:アドビ)
※クリックすると拡大画像が見られます

 ハンコ文化の生産性への影響としては、72.6%が生産性を下げると回答。

生産性への影響(出典:アドビ)
生産性への影響(出典:アドビ)

 仕事でのハンコ活用経験者に慣習を無くすべきかをきいた設問でも、無くした方がいいが74.7%だったという。

慣習をなくすべきか(出典:アドビ)
慣習をなくすべきか(出典:アドビ)

 しかし、過去1年以内の契約取引などへのハンコ活用者に撤廃が容易かを尋ねると、難しいが50.1%。理由としては「取引先の契約方法に従う必要がある」が最多で51.4%。「法的に有効かどうか心配」が30.7%、「セキュリティ上の不安がある」が30.1%と続いたという。「役所の書類には判子が必須」「印紙税の扱いが良く分からない」なども見られたとしている。

撤廃は可能か(出典:アドビ)
撤廃は可能か(出典:アドビ)
難しい要因(出典:アドビ) 難しい要因(出典:アドビ)
※クリックすると拡大画像が見られます

 アドビのマーケティング本部でバイスプレジデントを務める秋田夏実氏は「自社の判断で大きく舵を切れるのは一部の大手企業に留まり、中小企業の場合は取引先企業との慣習が優先される傾向がある。企業同士における契約書のデジタル化を進めるため、発注側の積極的な電子契約サービスの活用が重要となる」とコメントしている。

「電子署名」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]