ストレージ ピュア・ストレージ・ジャパン

ピュア・ストレージ、オールフラッシュアレイOS最新版--データ保護強化

ピュア・ストレージはオールフラッシュアレイ「FlashArray」向けOSの新版となる「Purity//FA 6.0」の提供を開始。データ保護機能「ActiveDR」はゼロに近いRPOをグローバルで実現できるという。

 Pure Storageは米国時間6月10日に年次イベント「Pure//Accelerate Digital」を開催した。イベント開催前に日本法人ピュア・ストレージ・ジャパンがオンライン記者会見を開催した。

 Pure Storageの2021年度第1四半期は3億6710万ドルの売上高で、前年同期比12%増。そのうちサブスクリプションモデルの売上高は1億2020万ドル(前年同期比37%増)といずれも2桁成長となった。

Pure Storage 戦略部門バイスプレジデント Matt Kixmoeller氏
Pure Storage 戦略部門バイスプレジデント Matt Kixmoeller氏

 米本社戦略部門バイスプレジデント Matt Kixmoeller氏はIDCのプレスリリースを引用し、「2020年第1四半期のOEMストレージシステム市場は8.2%と減少傾向にあるが、われわれはグローバルで7.7%の成長を遂げている」とアピールし、日本市場で37.5%の成長率を実現したこと明らかにした。また、オールフラッシュアレイ「FlashArray」向けOSの新版となる「Purity//FA 6.0」の提供も開始した。

 約3年ぶりのメジャーアップデートとなるPurity//FA 6.0は、NVMeネットワークプロトコルをEthernetやFibre Channelに拡張して、ストレージとサーバーの間を高速化する「NVMe over Fabrics(NVMe-oF)」の利用時にx86サーバ「Cisco Unified Computing System(UCS)」をサポートしている。

 加えて、VMware環境で、物理層にEthernetをトランスポート層にTCP/IPを利用してリモートのコンピューターのメモリーにデータのDMA転送する「RDMA over Converged Ethernet」もサポートしている。会見ではレプリケーション機能「ActiveDR」とファイルシステム「//FA Files」に絞って解説した。

Purity//FA 6.0の主な新機能(出典:ピュア・ストレージ) Purity//FA 6.0の主な新機能(出典:ピュア・ストレージ)
※クリックすると拡大画像が見られます

「ストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]