CRM オフィスソフト ソフトバンク ウイングアーク1st

ソフトバンク、Salesforceデータの入力や編集をExcelで--入力時間7割削減

ソフトバンクがSalesforce上のデータをExcelから参照、追加、編集できる「VyNDEX」を採用。約700人が活用し、1案件あたりの平均入力時間を70%以上削減している。

 ソフトバンクは、Salesforce上のデータをExcelから入力、編集、参照できるサービス「VyNDEX(ヴァインデックス)」を2019年4月から採用。約700人で活用し、入力作業を効率化したという。6月11日、開発、提供するウイングアーク1st(港区、ウイングアーク)が発表した。

 同社が商材、案件の管理に不可欠と捉えるSalesforceは、案件の受注予定時期、商談状況、商品の提案金額など、必要なデータ入力項目が多岐にわたるという。

 例えば法人第三営業本部では営業1人が約60社を担当し、1案件あたりのデータ入力に3~10分程度の作業時間が必要だという。

 近年の事業領域拡大に伴い、営業案件が急増。入力作業の効率化が課題だったとしている。

 スムーズに活用できるユーザーインターフェース(UI)、セキュリティ、コストを優先して2018年秋から比較検討。2019年からVyNDEXのトライアル活用を開始したという。

 営業担当が使い慣れたExcelからSalesforceに入力でき、トライアルは好評。コストの抑制、セキュリティ担保にもつながり、採用に至ったという。

 1案件あたりの平均入力時間を70%以上削減。入力作業負荷の軽減、効率化により入力率が上がったという。活用可能なデータが増え、データ全体の精度も向上したとしている。

 VyNDEXは、「spreadface」の名称を変更して2017年3月から提供。Salesforceへの入力のほかにデータの一覧取得や一括更新が可能であり、オフライン時にExcelに入力、編集したデータはオンラインの時に一括更新などもできるという。

 ウイングアークが自社活用したところ、商談10件のメンテナンス作業時間約8分が2分に短縮できたとしている。

 税別月額利用料は1ユーザー980円。

「CRM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]