オフィスソフト

「Excel」での列の分割--IF()関数で別の列の条件値を参照

「Excel」でセルの値を分割するには「区切り位置」機能を使用できるが、これは単一のセルを対象とする機能だ。別のセルの値に応じて分割したい場合にはIF()関数を使用する。

 誰かから「Microsoft Excel」シートを引き継いだが、自分のいつものやり方に合わないシートだったという経験は、多くの人がしているはずだ。それが何らかの単純な追跡記録シートなら、多くの場合、自分の作業方法に合うように変更することができる。

 たとえば、財務用シートの構造ではなく、従来のデータベースの設計に従うシートで作業することは珍しくない。そうした状況では通常、新しい構造を一から作成しなくても、数式をいくつか使用して構造を作り変えることが可能だ。本記事では2つのIF()関数を使用して、単純な「データベース」シートを、別の列の値に基づいて複数の列に分割する。

 筆者は「Office 365」(デスクトップ版)を使用しているが、古いバージョンを使っても構わない。デモ用の.xlsxファイルをダウンロードすると便利だが、自分で作業用のデータを用意してもいい。これらの数式はブラウザー版でも機能する。

IF()関数を使用する理由

 データベース形式では、多くのデータが型によって定義される。そのため、実際の値を入力するフィールドが1つだけで済む。図Aに示すように、これはExcelでも可能だ。この単純なテーブルは、値フィールドが1つしかなく、それぞれの値が借方または貸方として定義されている。Excelでこのテーブルの値列を2つにして、1つを借方用、もう1つを貸方用とし、取引タイプのフィールドは削除して、各値列のヘッダーに取引タイプを記載することもできる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1826文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]