オフィスソフト

「Excel」での列の分割--IF()関数で別の列の条件値を参照

「Excel」でセルの値を分割するには「区切り位置」機能を使用できるが、これは単一のセルを対象とする機能だ。別のセルの値に応じて分割したい場合にはIF()関数を使用する。

 誰かから「Microsoft Excel」シートを引き継いだが、自分のいつものやり方に合わないシートだったという経験は、多くの人がしているはずだ。それが何らかの単純な追跡記録シートなら、多くの場合、自分の作業方法に合うように変更することができる。

 たとえば、財務用シートの構造ではなく、従来のデータベースの設計に従うシートで作業することは珍しくない。そうした状況では通常、新しい構造を一から作成しなくても、数式をいくつか使用して構造を作り変えることが可能だ。本記事では2つのIF()関数を使用して、単純な「データベース」シートを、別の列の値に基づいて複数の列に分割する。

 筆者は「Office 365」(デスクトップ版)を使用しているが、古いバージョンを使っても構わない。デモ用の.xlsxファイルをダウンロードすると便利だが、自分で作業用のデータを用意してもいい。これらの数式はブラウザー版でも機能する。

IF()関数を使用する理由

 データベース形式では、多くのデータが型によって定義される。そのため、実際の値を入力するフィールドが1つだけで済む。図Aに示すように、これはExcelでも可能だ。この単純なテーブルは、値フィールドが1つしかなく、それぞれの値が借方または貸方として定義されている。Excelでこのテーブルの値列を2つにして、1つを借方用、もう1つを貸方用とし、取引タイプのフィールドは削除して、各値列のヘッダーに取引タイプを記載することもできる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1826文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]