PLM/PDM VR・AR

PTCトップが語るパンデミック後に備えるべき4つのスキルに見る製造業の将来

PTCは年次イベント「LiveWorx 2020」をオンラインで開催。CEOのJim Heppelmann氏は、ニューノーマルへ対応するために企業が備えるべき4つのスキルを挙げた。

 PTCは米国時間6月9日、年次イベント「LiveWorx 2020」をオンラインで開催した。同社のプレジデント兼最高経営責任者(CEO)であるJim Heppelmann(ジム・ヘプルマン)氏は、「Disrupted: Lessons Learned and the Path Forward(破壊: 学んだ教訓と進むべき道)」と題した基調講演で新型コロナウイルスの影響に触れつつ、「パンデミックの時期が過ぎた後も、今後はもっと(テレワークのような)働き方を取り入れるべきだと考えている」と述べ、ニューノーマル(新常態)への対応をうながした。

 ニューノーマルへ対応するために企業が備えるべきスキルとして、Heppelmann氏は以下の4つを挙げた。

(1)Workforce Mobility & Resiliency(労働力の機動性と回復力)
(2)Flexible & Innovative Supply Chains(柔軟で革新的なサプライチェーン)
(3)Front-line Workforce Connectivity & Collaboration(最前線にある労働力とのつながりと共同作業)
(4)Remote Monitoring of Products Factories(工場の遠隔監視)

PTC プレジデント兼CEO Jim Heppelmann氏
PTC プレジデント兼CEO Jim Heppelmann氏

 (1)の「労働力の機動性と回復力」というスキルについて同氏は「多くの知識労働者は難なく自宅勤務へ移行できたが、エンジニアリングの組織は(テレワーク移行に)苦労した」と多くのCEOや世界的な製造企業から聞いた話を披露した。

 業務利用するワークステーションと同等のPCを自宅に持たない従業員は、デスクトップ仮想化基盤(VDI)の利用を強いられるが、VPN回線などネットワークインフラストラクチャーの整備を求められるため、「理想的ではなかった。クラウドに移行しなければならない」(Heppelmann氏)と強調した。

 新型コロナウイルスの世界的大流行以前から、PTCはこの結論に達し、2019年11月に4億7000万ドルでクラウド3D CADメーカーのOnshapeを買収したという。同氏は「次世代のピュアSaaS CADやPLMオファリングをもたらし、マルチテナントのSaaSプラットフォーム『Atlas Platform』の提供が可能になる」と述べている。

 (2)の「柔軟で革新的なサプライチェーン」については、「即興のパートナーが容易に加わり、新製品の設計と製造のために協力しながら、皆のアイデアを混ぜ合わせる」(Heppelmann氏)ことを意味する。そのためには各企業で扱うデータの交換を容易にするため、使用するソフトウェアのバージョンを統一しなければならない。

「PLM/PDM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
PLM/PDM
生産管理
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]