クラウドストレージ アップルジャパン 日本マイクロソフト Google Amazon Dropbox Evernote

Androidユーザー増で「Google ドライブ」トップ--クラウドストレージ調査

保存するデータ容量増に伴い拡大する国内のクラウドストレージサービス市場をICT総研が調査。利用者数、満足度ともに「Google ドライブ」がトップとなっている。

 ICT総研は6月8日、国内のクラウドストレージサービス市場動向調査を発表した。

 写真、動画、音楽など、PCやスマートフォンに保存するデータ容量が増加傾向にあり、保存に適したクラウドストレージサービス市場が拡大。2018年度は4684万人だった個人向けサービスの利用者は2019年度に4962万人、2022年度に5561万人へ増えるという。

 有料サービスの利用者数は2019年度に1391万人、2022年度に1601万人。

 市場規模は2019年度で776億円、2022年度に857億円に拡大するとしている。

 2020年5月、4408人をウェブ調査。利用が最多のクラウドストレージサービスは1000人が回答した「Google ドライブ」で、2018年9月の前回調査でトップだった「iCloud drive」が846人と続いたという。Androidスマートフォン利用者の増加が一因にあると推察している。

 そのほか、572人の「Dropbox」、560人の「Microsoft OneDrive」、247人の「Evernote」、179人の「Amazon Drive」と続くという。

 多くの利用者は複数サービスを併用、使い分けているが、今後はサービスの取捨選択が進み、大手事業者のシェアがさらに高まるとしている。

利用中サービス(出典:ICT総研) 利用中サービス(出典:ICT総研)
※クリックすると拡大画像が見られます

 クラウドストレージサービス利用者のうち、「有料サービスを利用している」は14.2%。「今後は有料サービス利用を検討する」が11.5%で、「今後も無料サービスを利用する」が63.9%に達したという。

 データ容量が5~15GB程度まで無料利用できるクラウドストレージサービスが多く、無料プランで始める利用者が大半を占める。保存容量の増加に伴い有料サービスに移行するという使い方が一般的で、有料利用者が年々増加傾向にあるとしている。

有料サービス利用率(出典:ICT総研) 有料サービス利用率(出典:ICT総研)
※クリックすると拡大画像が見られます

「クラウドストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]