ワークフロー RPA 人材管理

働き方を変える独立予算、日本と欧米に大きな開き--ワークフロー自動化遅れる

IDCの調べによると、働き方を変えるための独立した予算があるかどうかを日米欧で比較すると、日本は欧米から大きく遅れているという。

 IDC Japanは「ワークカルチャー」「ワークスペース」「ワークフォース」で構成される分野の改革(同社では“働き方の未来”と呼んでいる)を推進するためのITの導入状況や改革の決定者と予算、改革における促進要因と阻害要因を日米欧で調査。6月4日に3つの地域の比較分析結果を発表した。

 “働き方の未来”について同社は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の継続的な成功に必要となる、働き方のトランスフォーメーションと説明。「ワークモデルを根本的に変えるコンセプトであり、人間とマシンの協働を促進し、従業員スキルと従業員エクスペリエンスを向上させ、時間や物理的な場所といった制約から解放された労働環境を実現するためのフレームワーク」と解説する。ワークカルチャー、ワークスペース、ワークフォースの領域で構成されている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1359文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]