セキュリティ

各国政府の新型コロナ対策から考える政治とプライバシーのバランス

微生物から体を守るにしても、ハッカーからコンピューターを守るにしても、自由と安全のバランスを保たなければいけない。

 Donald Trump米大統領は、法廷と議会に権力が制限された時でも、何度も権限を乱用してきたのだ。企業のリーダーが下す判断は何でも許可され、国民もリーダーシップを求める非常事態の中で、果たして彼に対抗できるのだろうか。

 非常時に政府に与えられた権力が、戦わずして戻ってくることは滅多にない。善意に関する古い諺にあるように、私たちは政府が必要なことをしてくれると信じなければならないし、政府が正しいことをしてくれると期待しなければならない。

 しかし、Ronald Reagan元米大統領が言ったように「信頼しつつ、検証する」必要がある。危機的な状況下でも、いや危機的な状況下だからこそ、市民には政治に関わり続け、非常事態下における政府の行動が政府自身のためだけでなく、全市民を助けるためのものであるか確認をする義務がある。そして緊急時に政府に与えられた権限が、緊急事態の期間で終わるよう、見張らなければならないのだ。

この記事はAvastのブログを翻訳、編集したものです。

Garry Kasparov

Human Right Foundation理事長

1963年旧ソ連アゼルバイジャン生まれ。現在はニューヨーク市在住。2005年からロシアの民主化運動を展開している。オックスフォード大学マーティンスクールの客員フェローとして、人と機械のコラボレーションを中心に講義を担当。ビジネスや学問、政治の領域を対象に意思決定、戦略、テクノロジー、人工知能をテーマとした講演活動を続けている。政治、認知、テクノロジー分野での執筆活動は大きな影響力を持っており、世界中の主要出版物で数多く取り上げられている。2016年にAvastのセキュリティアンバサダーに就任した。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]