ウェブ会議

「Zoom」会議を「Google Calendar」のイベントに追加するには

「Zoom」会議を「Google Calendar」にあるイベントに追加することが可能だ。Google Calendarプラグインを使用する方法としない方法を解説する。

 このアドオンの便利な機能の1つは、図Gのように、Google Calendarで予定に入れたZoom会議がZoomアプリに自動で追加されることだ。

図G

図G

 この機能は双方向で有効だ。アドオンがインストールされている場合、Zoomアプリで作成した会議はすべてGoogle Calendarにも追加される。

 すでに予定に入っている会議にZoom通話を追加したい場合も、上記と同じ手順を実行するだけでいい。

Google Calendarプラグインを使用せずに追加する方法

 先述したように、このアドオンは多くの権限を要求するため、このところ、Zoomのさまざまなセキュリティ問題が報じられていることを考えると、インストールしたくないと思うのも無理からぬことだ。

 アドオンを使わずに、Zoom通話をGoogle Calendarのイベントに追加することも可能だが、Google CalendarとZoomの間で会議が自動で追加される機能や、Google Calendarに統合される開始ボタンと参加ボタンは利用できなくなる。

 アドオンなしで続行するには、Zoomアプリをインストールする必要がある。新しいZoom会議を作成し、Zoomの「Meetings」(ミーティング)画面で「Copy Invitation」(招待のコピー)ボタンを探す(図H)。

図H

図H

 「Copy Invitation」(招待のコピー)ボタンをクリックすると、会議情報がクリップボードにコピーされたことを伝える通知が表示されるはずだ。

 Google Calendarを開いた後、会議を作成するか、あるいは、すでに作成済みだがZoomの情報を追加する必要のある会議を選択する。Zoomの会議情報を「Notes」(説明を追加)フィールド(図I)に貼り付けて、会議を保存し、必ず参加者に変更を通知する。通知はGoogle Calendarが実行してくれるが、会議を保存するときに通知を設定する必要がある。

図I

図I

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]