セキュリティ

コロナ禍でもサイバー攻撃は鈍化せず--在宅勤務含めたセキュリティポリシーを

「新型コロナウイルスの発生前に比べて自宅で勤務する割合が多くなった」で見ると、シンガポール、インド、米国がトップ3に並び、日本は全体平均よりも低く、9カ国中最下位だった。CrowdStrikeが調査した。

 CrowdStrikeは9カ国の企業の意思決定者を対象に在宅勤務とセキュリティに関する意識や実態を調査。6月3日に調査結果を「CrowdStrike Work Security Index」として発表した。

 最高技術責任者(CTO)のMichael Sentonas氏は、「国々で異なる文化の違いが、テレワークの準備やBYOD(Bring Your Own Device:私物端末の業務利用)に遅れを取ってしまう」と説明するとともに新型コロナウイルスの影響を大きく受けた企業のテレワーク環境を確保する上で6つのヒントを提示した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2263文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]