周辺機器 キヤノン キヤノンマーケティングジャパン

キヤノンの新製品にみる「在宅勤務に欲しい手頃な複合機」

本連載では、筆者が「気になるIT」を取り上げ、その概要とともに気になるポイントを挙げてみたい。今回は、キヤノンのA4モノクロレーザー複合機「Satera MF260シリーズ」を取り上げる。

 本連載では、筆者が「気になるIT(技術、製品、サービス)」を取り上げ、その概要とともに気になるポイントを挙げてみたい。今回は、キヤノンが6月11日に発売するA4モノクロレーザー複合機「Satera MF260」シリーズを取り上げる。

在宅勤務や窓口業務に適したコンパクトな複合機

 キヤノンは先頃、レーザープリンターおよび複合機「Satera」シリーズの新製品として、スモールオフィス向けA4モノクロレーザー複合機「Satera MF269dw」などSatera MF260シリーズ5機種(オープン価格)を6月11日に発売すると発表した。

 Satera MF260シリーズは、2016年9月発売のSatera MF240シリーズの後継機で、さらなる省スペース化と高速化を実現。設置場所に限りのある在宅勤務などのテレワークをはじめ、SOHOなどの中小規模オフィスや医療機関、店舗、窓口などでの業務に適した製品となっている。

 横幅を抑えたコンパクト設計と、用紙のセットやトナーカートリッジの交換を本体前面から行うことができるフロントオペレーションに対応し、限られたスペースでの設置が可能だ。

 印刷速度については、A4片面で毎分28枚、ファーストプリントタイム約5.2秒の高速処理が行えると同時に、節電モードから約1.6秒の短時間で復帰し、在宅勤務における少数ページの文書も素早くプリントできる。さらに、医療機関の領収書や処方箋などによく使われるA5用紙(片面)の印刷速度を高速化し、受付や精算時の窓口業務も効率化できる。

 スキャン機能については、スキャンした文書データをネットワーク上の共有フォルダーへ直接保存、またはメールに添付して送信できる「SEND Lite」機能を搭載。医療機関で使う紹介状や問診票などのスキャンデータを、指定のフォルダーにPCを使わずに直接保存するなど、定型業務を効率化できる。(図1

図1:「SEND Lite」機能のイメージ(出典:キヤノン) 図1:「SEND Lite」機能のイメージ(出典:キヤノン)
※クリックすると拡大画像が見られます

 また、同梱のPC向けアプリケーション「MF Scan Utility」を使用することで、スキャンした文書データをあらかじめ設定したEvernoteやDropboxなどのクラウドサービスへ本体操作のみで直接アップロードでき、紙文書の共有を効率化している。

 さらに、同時に最大5台のモバイル機器とWi-Fiで直接データを送受信することができる「ダイレクト接続」を搭載し、Wi-Fiルーターがなくてもスマートフォンやタブレットなどから直接プリントやスキャンが可能だ。

「周辺機器」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]