PaaS

「Google Cloud Platform」でIAM認証情報を作成するには

「Google Cloud Platform」の「Identity and Access Management」(IAM)は、特定のロールによって定義される適切な認証情報を個人に提供する。

 「Google Cloud Platform」のようなフルサービスのクラウドサービスを使用すれば、大小の企業が、独自に構築した場合には法外なコストが発生するテクノロジーやシステム、機能に比較的低コストでアクセスできる。ただし、セキュリティのベストプラクティスでは、これらの有益なクラウドサービスにアクセスする各個人に、「Identity and Access Management」(IAM)システムでサポートされる厳格なロール(役割)を割り当てる必要があるとされている。

 Google Cloud PlatformのIAMは、特定のロールによって定義される適切な認証情報を個人に提供する。それらのロールは、アクセス可能なサービスを定義するだけでなく、それらのサービスにアクセスしたときに実行可能なアクションも定義することができる。サービスとそれが生成するデータの完全な所有権を付与する認証情報もあれば、個人を読み取り専用ステータスに制限する認証情報もある。

 今回のハウツーチュートリアルでは、Google Cloud PlatformでIAM認証情報を作成する方法を紹介し、管理者がそのシステムを通して割り当てることのできるさまざまなロールについて解説する。

Google Cloud PlatformでIAM認証情報を作成する

 組織内のすべてのユーザーにGoogle Cloud Platformサービスへの完全なアクセス権を付与するのは、自ら災害を招くようなものだ。適切なIAM認証情報を使用しなければ、データの喪失や侵害、窃取の可能性が大幅に高くなる。幸い、Google Cloud PlatformのIAMシステムは比較的明快で使いやすい。

 管理者の認証情報を使用してGoogle Cloud Platformにログインし、プロジェクトを選択して、コンソールを開く。左側のナビゲーションバーの「IAM & Admin」(IAMと管理)リンクをクリックまたはタップし、コンテキストメニューから「IAM」を選択する。読者の皆さんのIAMコンソールも図Aのような状態になっているはずだ。

図A

図A
 

 複数のIAM認証情報を新たに作成し、それに付随するロールを設定するには、「+Add」(+追加)ボタンをクリックする。図Bを見ると分かるように、次の画面では、メンバーの電子メールアドレスか「G Suite」のドメイン名を入力してから、ロールを選択するよう求められる。

図B

図B
 

「PaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]