人事・労務

従業員エンゲージメント維持には「安全、会社への信頼、コミュニケーション」

クアルトリクスなどは新型コロナの世界的大流行を踏まえ、在宅勤務を強いられた従業員を調査。「準備なしで在宅勤務しているため、完全在宅勤務、一部在宅勤務の約半数は効率が低下している」という。

 この他にもテレワーク申請が煩雑、マネージャーがテレワークに慣れていないといった意見も見られた。SAPジャパンは物理的障害を除去するため、前述した経費精算制度の変更に加えて、テレワークの申請簡素化や利用できる期間の制限を廃止。押印やITサポートをオンラインに移行させている。また、安心感を醸成するため、オンラインコミュニケーションのマナーを啓発し、調査結果を共有することで心理的なつながりを生み出した。

 SAPジャパンの2回目の調査では心理的充足に焦点を当てている。3月上旬の1回目も同様に現在の心理状態を調査しているが、結果を見ると全体的に低下傾向にあった。

 さらに単語の抽出と感情を掛け合わせたテキストエモーション分析を行うと、トップに来たのは“ビジネス”。「これはわれわれの売り上げは大丈夫だろうかという意味」(鎌田氏)

 続く“働くファシリティ”は在宅勤務時に使用する椅子の座り心地がよくない、といった設備面の問題が浮き彫りになった。興味深いのは精神的充足に対する従業員のコメントだ。

 満足している従業員は「規則正しい生活のリズムを心掛ける」「出勤と同じ朝のルーティンを実施」といった意見が並ぶ。一方で不安に感じている従業員は「長時間労働しがち。営業時間外はミーティングやメールを禁止にしてほしい」「オンラインのせいか、皆の態度がキツく感じられ恐怖を覚えることがある」といった声が聞かれた。

 SAPジャパンは安心感を醸成するため、4月20日、5月12日、5月29日と3回のオンライン全社会議を開催して、ビジネス状況や社内外の取り組みを共有し、全社会議で取り上げきれなかった質問は社内サイトで回答している。

 また、人事関連では日々募るストレスに対応するため、ストレスマネジメントセッションを開催するとともに、人事部にメールするのははばかれるものの、現状困っている従業員向けにHRラウンジを開設している。この他にもブロードバンド導入費用補助制度やオフィスの設備を貸与する仕組みも導入している。鎌田氏は新型コロナウイルス危機下において「社員のエンゲージメントを保つには『物理的安全』『会社への信頼』『コミュニケーション』が重要」と説明した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1377文字 ログインして続きを読んでください。

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]