コミュニケーション

セゾン自動車火災、ブラウザ画面共有ツール採用--顧客のセキュリティを考慮

セゾン自動車火災がブラウザ画面共有ツールを採用。専用タグを設置したウェブページのみが対象、個人情報部分をマスキングできるなど、セキュリティを考慮して画面共有できる点を評価。

 セゾン自動車火災保険(豊島区、従業員数679人)が、SaaS型ブラウザ共有ツール「Withdesk Browse」を採用。顧客と画面を共有し、ウェブサイト上での手続きなどの支援体制を構築したという。5月29日、開発するグラフテクノロジー(品川区)が発表した。

 オペレーターからのセッションコードをウェブページに入力すると、PC、スマートフォン、タブレットなど顧客が利用するデバイスにかかわらずウェブ画面を共有できる。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説
  2. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  3. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  4. デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ
  5. ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]