CRM ゾーホージャパン

全国4433校を9人で営業--日報を紙からCRMに、商談を可視化して年100万円削減

高校での国語の副教材を出版する京都書房は、全国4433校を9人の営業で担当しており、紙だった日報管理をCRMに刷新した。商談の進捗状況を可視化することで次の行動を起こしやすくなっているという。

 高等学校の国語教材などを出版する京都書房(京都市伏見区、従業員数21人)は、SaaS型の顧客情報管理システム(CRM)「Zoho CRM」を採用。日報管理を一元化、情報を戦略的に活用し、年間100万円ほどのコストを削減したという。5月28日、サービスの国内提供を担うゾーホージャパン(横浜市西区)が発表した。

 書店売りしない副教材を中心に出版。全国の高等学校約6685校のうち、4433校を9人の営業で担当。見本を配りながらまわっているという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約553文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]