RPA

拡大するRPAへの投資--米医療提供機関50%が3年以内に

ロボットプロセスオートメーション(RPA)に投資する米国の医療提供機関が今後拡大することが予測されるという。ガートナーの調査で明らかになった。

 コロナウイルスのパンデミックを受けて、ロボットプロセスオートメーション(RPA)の普及が偶発的に拡大している。Gartnerによると、現在、RPAに投資している米国の医療提供機関は5%だが、今後3年間でその割合が50%に拡大するという。同社はプレスリリースで、「医療提供機関は、支払いの縮小、結果の改善、患者体験の向上、イノベーションへの適性の強化といった要素が混在する極めて困難な状況に巻き込まれている」と述べた。

高価なテクノロジーは医療を最適化しなければならない

 慢性疾患とメンタルヘルスの治療と管理には、多額の費用がかかる(米国の3.3兆ドルの医療支出のほぼ90%を占める)。医療提供の流れと効率性の改善のために利用されるテクノロジーにとって、コストの最適化は極めて重要である。Gartnerによると、バーチャルアシスタントとAIクラウドサービスを使用して、医療機関をプラス成長へと導くことも可能だが、この目的に関して言えば、RPAがAIテクノロジーの中で傑出しているという。

 Gartner社のリサーチ担当バイスプレジデントのAnurag Gupta氏は、「コストの最適化は、医療提供機関の間で一貫して繰り返されてきた問題である」と述べる。「RPAでは、未改革のプロセスにそれほどお金を使う必要がないので、費用を節約できる。節約したお金は、フロントエンドの臨床機能に利用可能な現金に変換される。医療機関がCOVID-19危機に対処している間は、このことが特に重要である」と述べた。

 Gartnerによると、同社は米国時間2020年5月3日に161人の財務担当幹部を調査したという。そして、彼らの約4分の1はコスト最適化を推進するため、コロナウイルスのパンデミックが収束するまでは、RPAへの支出が増えると考えていることが明らかになった。

AIの関与が拡大

 Gartnerの調査では、2023年までに、臨床または非臨床プロセス内において、すべての患者とのやりとりの20%に何らかのAIイネーブルメントが関与するようになることが明らかになった。現在の割合は4%以下である。

 世界中のコミュニティーでCOVID-19による死者が増加する中で、米国の医療システムが患者データに含まれている可能性のある「隠された洞察」(Gartnerの表現)の発見方法を見つける必要性が高まっている。意思決定者が利用できる情報が多ければ多いほど、システムはより合理化される。

クラウドへの移行

 患者データからより多くの情報を明らかにする必要があるため、AIクラウドサービスの需要が高まっている。Gartnerによると、2023年までに、すべての医療ワークロードの3分の1以上がクラウドに移行するのは、そのためだという。

 「2020年の『Gartner CIO Survey』によると、COVID-19が発生する前から、医療提供機関の最高情報責任者(CIO)の41%が資金不足を経験していたという」とGupta氏は付け加える。「RPAを導入すれば、早い段階で、医療提供機関のCIOの課題リストの上位を占めるこうした運営コストの重圧を軽減できる可能性が高い」(同氏)

クラウドベースのAIが医療にもたらす利点

 医療提供機関はクラウドベースのAIを使用して患者の今後のニーズを予測できるほか、患者の状態が悪化し始める前に、最適な治療介入法を特定することも可能だ。Gartnerの調査によると、クラウドベースの「as-a-service」ソリューションは、設備投資(CAPEX)の支出を運用コスト(OPEX)に変換することでコストを制御しながら技術革新を進める必要のあるCIOにとって、好ましい戦略になっているという。

 「この戦略により、医療提供機関は、ビジネスの問題やコロナウイルスのパンデミックのような課題を解決するエビデンスベースの意思決定機能など、より価値の高い目標に投資しやすくなる」(Gupta氏)

RPAはいかにして医療提供機関を助けるのか

 RPAは、ユーザーインターフェース認識テクノロジーとワークフロー実行を組み合わせたものだ。この組み合わせにより、人間のマウスクリックとキー入力を模倣して、アプリケーションを動かし、システムベースの作業を実行する。Gartnerによると、このテクノロジーは、非専門的なタスク(ITヘルプデスクへの人員配置など)や重要性の高い専門的なタスク(医師の資格認定や保険資格の確認など)に使用した場合に非常に効果的だという。単純なルーチンタスクを自動化することで、RPAはコストとアウトプットを最適化するほか、より価値の高いタスクに集中するための時間も医療提供機関のリソースに提供する。

提供:Getty Images/iStockphoto
提供:Getty Images/iStockphoto

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]