RPA

拡大するRPAへの投資--米医療提供機関50%が3年以内に

ロボットプロセスオートメーション(RPA)に投資する米国の医療提供機関が今後拡大することが予測されるという。ガートナーの調査で明らかになった。

 コロナウイルスのパンデミックを受けて、ロボットプロセスオートメーション(RPA)の普及が偶発的に拡大している。Gartnerによると、現在、RPAに投資している米国の医療提供機関は5%だが、今後3年間でその割合が50%に拡大するという。同社はプレスリリースで、「医療提供機関は、支払いの縮小、結果の改善、患者体験の向上、イノベーションへの適性の強化といった要素が混在する極めて困難な状況に巻き込まれている」と述べた。

高価なテクノロジーは医療を最適化しなければならない

 慢性疾患とメンタルヘルスの治療と管理には、多額の費用がかかる(米国の3.3兆ドルの医療支出のほぼ90%を占める)。医療提供の流れと効率性の改善のために利用されるテクノロジーにとって、コストの最適化は極めて重要である。Gartnerによると、バーチャルアシスタントとAIクラウドサービスを使用して、医療機関をプラス成長へと導くことも可能だが、この目的に関して言えば、RPAがAIテクノロジーの中で傑出しているという。

 Gartner社のリサーチ担当バイスプレジデントのAnurag Gupta氏は、「コストの最適化は、医療提供機関の間で一貫して繰り返されてきた問題である」と述べる。「RPAでは、未改革のプロセスにそれほどお金を使う必要がないので、費用を節約できる。節約したお金は、フロントエンドの臨床機能に利用可能な現金に変換される。医療機関がCOVID-19危機に対処している間は、このことが特に重要である」と述べた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1421文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]