ウェブ会議

「Google Meet」入門--「Zoom」「Teams」と競合するグーグルのビデオ会議ツール

「Google Meet」はグーグルの企業向けビデオ会議ツールだ。利用できる機能、使用方法、「Zoom」や「Microsoft Teams」といった競合製品との比較などを解説する。

 ビデオ会議ソフトウェアは、リモートワーク環境で組織のつながりを維持する接着剤のような役割を果たし続けており、多数のプラットフォームプロバイダーがユーザーの関心を引こうと競っている。広告分野やクラウドコンピューティング分野の大手企業であるGoogleもその1社だ。同社のビデオ会議ソリューション「Google Meet」は、「G Suite」パッケージの一部としても、「Gmail」アドレスを持つすべての人が利用できるスタンドアロンサービスとしても提供されている。

 Google Meetは多くのビデオ会議アプリと同様に、新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、ユーザー数を大幅に伸ばしている。同社によれば、Google Meetの1日のピーク使用量は1月から30倍に増加し、同サービスでホストされるビデオ会議は30億分にのぼり、新規ユーザーが毎日約300万人のペースで増加しているという。さらに、「Google Play」ストアでのGoogle Meetアプリのダウンロード数は5000万件を突破した。

 それでも、Google Meetには競合サービスが多く、「Microsoft Teams」と「Zoom」もこの分野における強力な競争相手だ。特にZoomはGoogle Meetに大きな課題を突き付けており、2020年2月から爆発的な成長を遂げて、ビデオ会議とリモートワークという概念の代名詞的な存在になりつつある。

 もちろん、Googleや競合する他のビデオ会議プラットフォームは、そうしたイメージを払拭しようと必死だ。その証拠に、過去数週間はビデオチャットアプリのアップデートがほぼ絶え間なく発表されている。

 米TechRepublicはすでに、Zoom、Teams、「Cisco WebEx」「BlueJeans」といった競合製品とGoogle Meetを比較する記事を公開した。Google Meetが提供する機能の詳細や、Meetが自社に適したビデオ会議ソリューションかどうかについては、本記事に目を通して必要な情報を確認してほしい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4457文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]