PC

「ThinkPad」2020年モデル、Wi-Fi 6に対応--コラボ専用キー実装

「ThinkPad」の2020年モデルが発表された。Wi-Fi 6に対応するとともに、ファンクションキーの機能として通信応答や通話終了など、コラボレーション専用キーを実装した。

 レノボ・ジャパンは5月26日、「ThinkPad X1 Carbon」「ThinkPad X1 Yoga」「ThinkPad X13」シリーズ、「ThinkPad T」シリーズ、「ThinkPad L」シリーズ、「ThinkPad E」シリーズ、計16機種のラインアップを刷新した。各機種は5月29日(一部機種は6月5日)から発売を開始する。「ThinkPad トラックポイント キーボード II」は同日から販売を開始した。

 同社が3月に日本市場を対象にした独自調査結果をもとに執行役員副社長 安田稔氏は「アフターコロナでもテレワークの継続を希望する声は80%。働き方で企業が選ばれる時代に突入した」と分析しつつ、今回のラインアップが“場所を問わない働き方”の実現をサポートする製品群であるとアピールした。

 同社は緊急テレワークのための対応マニュアルとして「始めよう!テレワークスタートガイド」(PDF)を提供しているが、新たに焦点を在宅勤務環境に当てた「テレワーク環境ガイド(PDF)」を同日から公開した。

レノボ・ジャパン 執行役員副社長 安田稔氏
レノボ・ジャパン 執行役員副社長 安田稔氏

 レノボ・ジャパンは刷新した16機種を「モバイルワーカー」「ハイブリッドテレワーカー」「インターナルワーカー」に分類している。

 X1 Carbon Gen 8(税別販売価格23万3000円~)やX13 Yoga Gen 1(同19万2000円~)、X13 Gen 1(Intel版17万5000円、AMD版16万2000円)はモバイルワーカー向けとし、外出先でもオフィスと変わらない利便性を得られるという。T15 Gen 1(同19万1000円)やL15 Gen 1(Intel版11万3000円、AMD版11万9000円)は、組織内業務を主としたインターナルワーカー向けとする。

 最も需要の高いハイブリッドテレワーカー向けには、X1 YOGA Gen 5(同26万5000円)やT14s Gen 1(Intel版18万0000円、AMD版17万2000円)、T14 Gen 1(Intel版16万0000円、AMD版14万9000円)、L14 Gen 1(Intel版12万5000円、AMD版11万9000円)が並ぶ。

各製品の位置付け(出典:レノボ・ジャパン)
各製品の位置付け(出典:レノボ・ジャパン)

「PC」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]