PC 富士通 富士通クライアントコンピューティング

富士通、法人向けノートPCなど14機種--第10世代「Ice Lake」や「Wi-Fi 6」搭載

富士通は富士通クライアントコンピューティング製の法人向けノートPC、タブレット、ワークステーションの新モデル14機種を発表した。

 富士通は5月26日、法人向けノートPCの新モデルを発表した。ノートPC「FUJITSU Notebook LIFEBOOK」シリーズ9機種、Windowsタブレット「Tablet ARROWS Tab Q」シリーズ4機種と、企業向けPCに必要な機能を組み込んだプロセッサー「vPro」に標準対応するワークステーション「Workstation CELSIUS」シリーズのミニタワーモデル「M7010」1機種。いずれも富士通クライアントコンピューティングが製造。5月26日から順次販売する。

LIFEBOOK U7310/D(出典:富士通)
LIFEBOOK U7310/D(出典:富士通)

 LIFEBOOK9機種は、いずれも第10世代「Ice Lake」プロセッサーを搭載し、「Wi-Fi 6」(802.11ax)に対応するという。

 モバイルノートとして展開する「U」シリーズ5機種では、OS「Windows 10 November Update」を搭載。BIOS、ファームウェアへの外部からの不正アクセスを抑止、Microsoftが提唱する「Secured-core PC」対応モデルが選択できるという。

 15.6型「U7510/D」、14.0型「U7410/D」、バッテリー交換可能な13.3型「U7310/D」では、フリーアドレスなどでの利便性が向上する外部拡張機器「ポートリプリケータ」を共通化。

プライバシーカメラシャッター(出典:富士通)
プライバシーカメラシャッター(出典:富士通)

 物理的にカメラを塞ぐ「プライバシーカメラシャッター」を採用し、不正なハッキング、アクセスといった意図しない操作を防止。利用者の心理負担を軽減するという。

 そのほか、13.3型超軽量モデル「U9310/D」、ペン入力可能で液晶画面が360度回転する13.3型コンバーチブル「U9310X/D」を新規提供するとしている。

LIFEBOOK E5510/D(出典:富士通)
LIFEBOOK E5510/D(出典:富士通)

 スリム/モバイル「E」、A4サイズの「A」シリーズといった大画面搭載モデルとしては、14.0型「E5410/D」、15.6型「E5510/D」「A7510/D」「A5510/D」の4機種を発売。メモリ容量は最大64GB、暗号化機能付ソリッドステートドライブ(SSD)は最大512GBまで拡張できるほか、第三者の覗き見を抑止する着脱可能なプライバシーフィルターを選択できるとしている。

ARROWS Tab Q5010/DE、DB(出典:富士通)
ARROWS Tab Q5010/DE、DB(出典:富士通)

 ARROWS Tab Qは、13.3型「ARROWS Tab Q7310/DE」、10.1型「Q5010/DE」の2機種を6月上旬から教育向けモデルとして発売する。最新CPUのほか、防滴、教科書に掲載されるQRコードを読み取り、映像、音声教材などに利用できる「Function Manager-QRコードリーダー」をプリインストールする。

 また、法人向けとして13.3型「Q7310/DB」、10.1型「Q5010/DB」を5月下旬から発売する。

販売価格、提供開始時期(出典:富士通)
販売価格、提供開始時期(出典:富士通)
ミニタワーモデルのワークステーション「CELSIUS M7010」(出典:富士通)
ミニタワーモデルのワークステーション「CELSIUS M7010」(出典:富士通)

「PC」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]