周辺機器 富士ゼロックス

富士ゼロックス、分速30枚A3レーザー新モデル--トナー削減量を1%刻みで設定

富士ゼロックスがA3カラーレーザープリンターの新モデルを発表。トナー容量2倍、ランニングコストを12%削減可能で、画質を1%刻みで設定できる。

 2021年4月1日付けで「富士フイルム ビジネスイノベーション」へ社名を変更する富士ゼロックス(港区)は5月25日、A3カラーレーザープリンターの新モデル「DocuPrint(ドキュプリント)C3550 d」「C2550 d」を発表した。

C3550 d(出典:富士ゼロックス)
C3550 d(出典:富士ゼロックス)

 従来機「C3450 d II」「C2450 II」と比べてトナー容量を約2倍に拡張。ランニングコストを12%削減できるという。6月5日に発売する。

 A4印刷の場合、設置面積は従来機同等の幅499.5mm×奥行538m。置き場所を選ばない、デスクトップに最適な静音設計になると説明。

C2550 d(出典:富士ゼロックス)
C2550 d(出典:富士ゼロックス)

 カラー、モノクロのファーストプリントはいずれの機種でも9.9秒以下。C3550 dは35枚、C2550 dは30枚を1分間に印刷できるという。

 はがきから長尺紙までの用紙サイズ、最大216g/m2の厚紙まで、幅広い用紙に対応できるとしている。

 従来「しない(標準)」「ややうすい」「うすい」「かなりうすい」の4段階から選択できたトナー節約機能は、0~99%の1%刻みで設定可能。

出典:富士ゼロックス
出典:富士ゼロックス

 例えば、社内文書などの高画質が必要でない文書を20~30%程度内でプリントするなど、画質をそれほど落とさずに使用目的に応じてトナー消費を節約できるという。

仕上がりイメージ(出典:富士ゼロックス)
仕上がりイメージ(出典:富士ゼロックス)

 標準搭載のイーサネットにオプションのセカンダリーイーサネットを追加すれば、異なる2つのネットワーク回線を同時に活用可能。基幹と一般オフィス業務に分けるなど、よりセキュアなプリント環境を構築できるとしている。

 税別標準価格は、C3550 dが22万8000円。C2550 dはオープン価格としている。

「周辺機器」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]