SFA

プロサッカーの水戸ホーリーホック、SFAで顧客情報を可視化--進捗も可視化

水戸ホーリーホックがSFA「Pipedrive」を導入。従来Excelで管理していた顧客情報を一元管理するとともに、営業活動に必要なアクション、進捗状況などを可視化できるようになっているという。

 プロサッカークラブ「水戸ホーリーホック」を運営するフットボールクラブ水戸ホーリーホック(茨城県水戸市、従業員数13人)は、SaaS型営業支援システム(Sales Force Automation:SFA)「Pipedrive(パイプドライブ)」を導入。案件を可視化、一元化管理できる体制を構築したという。5月22日、国内販売代理店となるSurpass(品川区)発表した。

クラブロゴ(出典:Surpass)
クラブロゴ(出典:Surpass)

 従来は、顧客情報をオフィスにあるファイルサーバー内のExcelなどで管理。商談履歴や詳細情報が引き継げない、整理には複数の資料が必要などの課題を抱えていたという。

 顧客情報入力項目、管理方法などを柔軟にカスタマイズ、複数の切り口で整理できるため、プロスポーツクラブの法人営業という顧客属性、商材が多岐にわたる事業に適していると説明している。

 エストニアのPipedriveが開発するPipedriveは、営業活動に必要なアクション、進捗状況などを“販売パイプライン”方式で可視化。取引、連絡先、アクティビティなどをスムーズに追加でき、今やるべきことや次の行動時期などの販売プロセスを管理できるという。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]