SFA

プロサッカーの水戸ホーリーホック、SFAで顧客情報を可視化--進捗も可視化

水戸ホーリーホックがSFA「Pipedrive」を導入。従来Excelで管理していた顧客情報を一元管理するとともに、営業活動に必要なアクション、進捗状況などを可視化できるようになっているという。

 プロサッカークラブ「水戸ホーリーホック」を運営するフットボールクラブ水戸ホーリーホック(茨城県水戸市、従業員数13人)は、SaaS型営業支援システム(Sales Force Automation:SFA)「Pipedrive(パイプドライブ)」を導入。案件を可視化、一元化管理できる体制を構築したという。5月22日、国内販売代理店となるSurpass(品川区)発表した。

クラブロゴ(出典:Surpass)
クラブロゴ(出典:Surpass)

 従来は、顧客情報をオフィスにあるファイルサーバー内のExcelなどで管理。商談履歴や詳細情報が引き継げない、整理には複数の資料が必要などの課題を抱えていたという。

 顧客情報入力項目、管理方法などを柔軟にカスタマイズ、複数の切り口で整理できるため、プロスポーツクラブの法人営業という顧客属性、商材が多岐にわたる事業に適していると説明している。

 エストニアのPipedriveが開発するPipedriveは、営業活動に必要なアクション、進捗状況などを“販売パイプライン”方式で可視化。取引、連絡先、アクティビティなどをスムーズに追加でき、今やるべきことや次の行動時期などの販売プロセスを管理できるという。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

「SFA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]