文書管理 クニエ

日本企業における文書管理システムの黒歴史--「検索性」の意味を勘違い

ペーパーレスを進めるポイントはどこにあるだろうか。クニエでインシデントリスクマネジメント担当マネージャーを務める難波氏が今までの歴史を振り返りながら考察する。

 前回は、多くの日本企業での紙文書の扱い方、法律的な観点などからペーパレスを阻害する原因を紹介した。今回は、データを扱うシステムの歴史を紐解きながら対処法を考察する。

 デジタル化が進む中、企業や団体の文書管理に関して筆者が受ける相談として今も昔も変わらず多いのが「検索性の向上」だ。これだけさまざまな文書管理システムが世に出回り、さらにはそのほとんど全てのシステムが検索性の向上をアピールポイントの一つとしてうたっているのにもかかわらずである。

 データ量の爆発的増加や電子文書に属性が付与されていないなどが原因として良く挙げられるが、それは小さな素因のひとつに過ぎない。筆者の考える根本的原因は「企業が検索性の意味を勘違いしている」ということである。検索性の意味を実は誰も知らないのだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2516文字 ログインして続きを読んでください。

「文書管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]