文書管理 クニエ

日本企業における文書管理システムの黒歴史--「検索性」の意味を勘違い

ペーパーレスを進めるポイントはどこにあるだろうか。クニエでインシデントリスクマネジメント担当マネージャーを務める難波氏が今までの歴史を振り返りながら考察する。

 前回は、多くの日本企業での紙文書の扱い方、法律的な観点などからペーパレスを阻害する原因を紹介した。今回は、データを扱うシステムの歴史を紐解きながら対処法を考察する。

 デジタル化が進む中、企業や団体の文書管理に関して筆者が受ける相談として今も昔も変わらず多いのが「検索性の向上」だ。これだけさまざまな文書管理システムが世に出回り、さらにはそのほとんど全てのシステムが検索性の向上をアピールポイントの一つとしてうたっているのにもかかわらずである。

 データ量の爆発的増加や電子文書に属性が付与されていないなどが原因として良く挙げられるが、それは小さな素因のひとつに過ぎない。筆者の考える根本的原因は「企業が検索性の意味を勘違いしている」ということである。検索性の意味を実は誰も知らないのだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2516文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]