ウェブ会議

ビデオ会議アプリ選びのポイント--Zoom、Teams、Meet、Webexなど6製品の違い

「Zoom」「Google Meet」「Microsoft Teams」に加えて、「WebEx」「BlueJeans」など、ビデオ会議ツールの選択肢は非常に多い。自社に適したサービスを選ぶためのポイントを5つ紹介する。

 企業は新型コロナウイルスのためにリモートワーク導入を余儀なくされ、この数カ月はビデオ会議ソフトウェアを頻繁に利用している。従業員の業務遂行をサポートし、同僚とのコミュニケーションを維持するためのツールが求められるようになったことで、ビデオチャットアプリとコラボレーションアプリの市場で競争が激化した。

 この数週間で最も拮抗したユーザー獲得競争を繰り広げているサービスは、おそらく「Zoom」「Google Meet」「Microsoft Teams」だろう。それぞれの提供元はライバルの動向を注視し、ほぼ毎週のようにアップデートをリリースして、競争で優位に立とうとしている。ユーザーにとっては幸いなことに、提供元各社はこの競争を続けるなかで、セキュリティを改善し、新機能を追加して、一部のサービスを無料化した

どのビデオ会議サービスを選択すべきか

 もちろん、この分野で競合している企業は、決してZoom、Microsoft、Googleだけではない。他にも多くの大手企業が、同じくらい機能が充実したビデオ会議ソフトウェアを長年提供している。たとえば、ウェビナープラットフォームとして世界中の組織で長らく支持されているCiscoの「WebEx」や、先ごろVerizonに買収されて同社の5Gポートフォリオの一部になった「BlueJeans」などだ。

 どのビデオ会議サービスにもそれぞれ長所と短所があり、提供する機能にも違いがある。とはいえ、少し調べれば、自社固有の要件に適したサービスを選択することができるはずだ。以下の表は、決して包括的なものではないが、よく使われる6つのビデオ会議プラットフォーム/チャットアプリと、選定の際に検討する価値がある機能をまとめている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1666文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]