チャット ウェブ会議

「Microsoft Teams」の新機能--「Build 2020」で明かされた強化

マイクロソフトは、コラボレーションアプリ「Microsoft Teams」の複数の新機能や、「Fluid Framework」の最初のパブリックプレビュー版を開発者会議「Build 2020」で発表した。

 Microsoftは開発者会議「Build 2020」において、コラボレーションアプリ「Microsoft Teams」の複数の新機能や、「Fluid Framework」の最初のパブリックプレビュー版を発表した。新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックを受けて、Build 2020は完全にオンラインで開催されているが、だからといって、開発者を興奮させ、Microsoft製品ユーザーの関心を引く発表が例年よりも少ないわけではない。

 Microsoft Teamsは、「Teamsアプリの開発を合理化し、より深いユーザーエンゲージメントを可能にする」ために設計された多くの新機能によって、リモートコラボレーション市場の覇権をめぐるZoomとの争いをさらに激化させた。

 Teamsの一連の改善に加えて、MicrosoftはFluid Frameworkに関する重要な変更も発表した。2019年に最初に発表されたFluid Frameworkは、ウェブ上で複数のアプリ間での共同作業を可能にするためのツール群であり、複数のユーザーによる同時編集、ビルディングブロックのようなファイル、ボットのサポートなどの機能を提供する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2358文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]