IaaS PaaS

「Alibaba Cloud」に独自RDBやWAF--日中間ネットワークの安定運用が可能に

パブリッククラウド「Alibaba Cloud」でRDB「ApsaraDB for PolarDB」のほかにWAFやネットワーク高速化が日本国内で利用できるようになった。

 アリババクラウド・ジャパンサービスは5月20日、パブリッククラウド「Alibaba Cloud」で稼働するリレーショナルデータベース(RDB)の「ApsaraDB for PolarDB(PolarDB)」、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の「Alibaba Cloud WAF」、Alibaba Cloudのインフラを利用する「Global Acceleration 2.0」の日本国内での提供を開始した。すでにAlibaba Cloudコンソールから各機能を有効にできる。

 同社カントリーマネージャー Unique Song氏は「Alibaba Cloudの技術を使うことで企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援し、アフターコロナの世界で生き残る」と述べ、日本語ドキュメントの整備や日本語サポートの強化を確約した。Alibaba Cloudは国内に2カ所のデータセンターを用意し、「すべてのデータは国内に保持」(Song氏)するという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2322文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム
  2. PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?
  3. 【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは
  4. セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る
  5. SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]