ワークフロー ドリーム・アーツ

テレワーク阻害する“紙とハンコ”、「会社都合」が「法律上の理由」を上回る

テレワークを経験して不便や困ったこととして「オフィスに保存してある紙書類の確認・入手ができない」「書類へのサインや捺印がもらえない」が挙げられている。ドリーム・アーツが調査した。

 ドリーム・アーツは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策で急増したテレワークの現状と課題を把握するため、従業員1000人以上の企業を対象に4月18~19日に調査。有効回答数は1000人。5月14日に調査結果を発表した。

 自身が働く企業のテレワークの現状を聞くと、45%がCOVID-19拡大をきっかけにテレワークを導入。個人についても、今回のコロナ禍を機にテレワークを初めて実施した人が53%となっており、パンデミック対策に備えて事前に万全のテレワーク環境を整えておらず、急遽テレワークを導入、推進することとなった現状が浮き彫りになったと指摘している。

 「以前からテレワークを導入している」企業が39%であるのに対し、「以前からテレワークを実施していた」従業員個人は22%にとどまっており、企業がテレワーク環境を提供していても、現場で働く従業員が有効に活用できていなかった実態が明らかになったと表現している。

 一方で、16%の企業ではまだテレワークが導入されていないほか、25%の個人が「テレワークを実施したことがない」と回答しており、さまざまな要因からテレワークを実施できない企業や個人が一定数存在することも明らかになっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1467文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム
  2. PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?
  3. 【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは
  4. セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る
  5. SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]