ウェブ会議

「Zoom」「Microsoft Teams」「Google Meet」--ビデオ会議3サービスを比較

「Zoom」「Microsoft Teams」「Google Meet」はビデオ会議ツールとして広く利用されている。この3つのサービスの機能の概要を紹介し、各プラットフォームを比較する。

 新型コロナウイルスのパンデミックにより、リモートワークやソーシャルディスタンシングが実践されるようになったことで、ビデオ会議などのビジネスコラボレーションツールの使用が過去数週間で記録的な増加を示している。

 現在、特に幅広く使用されているプラットフォームが、「Zoom」「Microsoft Teams」「Google Meet」の3つだ。いずれも、同僚と連絡を取り合い、友人や家族とつながって、毎週のデジタルな集まりを楽しむための機能を備えている。メッセージングとビデオ通話は3つすべてに共通する機能だが、それぞれ独自の機能もあり、ニーズによってはあるサービスが他のサービスよりも適している、というケースもありそうだ。

 ここでは、Zoom、Microsoft Teams、Google Meetの機能の概要を紹介し、各プラットフォームを比較する。

Zoom

 外出自粛が求められる中で、同僚、友人、親族と簡単に連絡を取る手段を探していた多くのユーザーにとって、Zoomは短期間のうちに定番のツールとなった。Zoomにはチャット機能に加えてHDビデオ通話と音声通話の機能もあり、これらすべての機能を、デスクトップPC、「Android」デバイス、Appleデバイスから利用できる。また、Zoomは、よく知られているように、カスタマイズ可能なバーチャル背景機能を備える。通話にユーザーの個性を加えられるようにするとともに、プライバシー保護のレイヤーを追加してくれる。特に、寝室から会議に参加しているような場合でも、室内の様子が好奇の目に晒されずに済む。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3459文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説
  2. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  3. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  4. デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ
  5. ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]