ウェブ会議

「Zoom」「Microsoft Teams」「Google Meet」--ビデオ会議3サービスを比較

「Zoom」「Microsoft Teams」「Google Meet」はビデオ会議ツールとして広く利用されている。この3つのサービスの機能の概要を紹介し、各プラットフォームを比較する。

 新型コロナウイルスのパンデミックにより、リモートワークやソーシャルディスタンシングが実践されるようになったことで、ビデオ会議などのビジネスコラボレーションツールの使用が過去数週間で記録的な増加を示している。

 現在、特に幅広く使用されているプラットフォームが、「Zoom」「Microsoft Teams」「Google Meet」の3つだ。いずれも、同僚と連絡を取り合い、友人や家族とつながって、毎週のデジタルな集まりを楽しむための機能を備えている。メッセージングとビデオ通話は3つすべてに共通する機能だが、それぞれ独自の機能もあり、ニーズによってはあるサービスが他のサービスよりも適している、というケースもありそうだ。

 ここでは、Zoom、Microsoft Teams、Google Meetの機能の概要を紹介し、各プラットフォームを比較する。

Zoom

 外出自粛が求められる中で、同僚、友人、親族と簡単に連絡を取る手段を探していた多くのユーザーにとって、Zoomは短期間のうちに定番のツールとなった。Zoomにはチャット機能に加えてHDビデオ通話と音声通話の機能もあり、これらすべての機能を、デスクトップPC、「Android」デバイス、Appleデバイスから利用できる。また、Zoomは、よく知られているように、カスタマイズ可能なバーチャル背景機能を備える。通話にユーザーの個性を加えられるようにするとともに、プライバシー保護のレイヤーを追加してくれる。特に、寝室から会議に参加しているような場合でも、室内の様子が好奇の目に晒されずに済む。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3459文字 ログインして続きを読んでください。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]