ETL EAI/ESB セゾン情報システムズ

SaaSや非IT部門の利用増加で加速--セゾン情報が解説するデータ連携の重要性

「HULFT」や「DataSpider」などを開発するセゾン情報システムズはデータ連携を取り巻く環境を説明するとともに、データ連携ツールの開発方針などを解説した。

 セゾン情報システムズは5月12日、オンライン説明会を開催。同社のファイル連携ミドルウェア「HULFT」に加えてデータ連携ミドルウェア(企業アプリケーション統合=EAIソフトウェアとも呼ばれる)「DataSpider Servista」とクラウド型データ連携サービス(Integration Platform as a Service:iPaaS)「DataSpider Cloud」のアップデート内容を解説した。

 マーケティング部 部長 野間英徳氏は「お客さまのヒアリングを踏まえると、1990年代に始まったスクラッチ開発は2000年少し前からパッケージ導入で基幹システムに移行した。2010年前にはERP(統合基幹業務システム)による一元管理も増えたが、(業務最適化は)難しいという声もあがり、スクラッチ連携やパッケージ連携という話が多い」と業務システムの変遷をたどりつつ、HULFTやDataSpiderによるデータ連携ツールの重要性を強調した。

セゾン情報システムズ マーケティング部 部長 野間英徳氏
セゾン情報システムズ マーケティング部 部長 野間英徳氏

 2001年6月にリリースしたDataSpider 1.0から始まり、2015年度にはDataSpiderを中心とした顧客のデータ連携を支援するリンケージサービスを開始。2017年1月にはクラウド版となるDataSpider Cloudをローンチしている。

 セゾン情報システムズによれば、オンプレミス版のDataSpider Servista国内外導入実績は3000社以上(2019年8月末時点)に達した。デンソーはDataSpider ServistaとHULFTでグローバルデータ連携基盤を構築。各国への影響を最小化しつつ、開発生産性向上とガバナンスを強化に成功している。

 東急ハンズもDataSpider Servistaでシステム間のデータ連携を内製化することで、開発委託費の圧縮とデータ活用の自由度を高めた。日立造船もIoTプラットフォームのデータ連携基盤にDataSpider Servistaを採用している。

 DataSpider Servista/Cloudは、ERPやビジネスインテリジェンス(BI)といったシステム間連携のほかにExcel入力やメール配信などの自動化、基幹システム入れ替え時のデータ移行やデータ同期、オンプレミスとクラウド間、あるいはクラウド同士の連携に用いられる。

「ETL」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]