クラウドストレージ Dropbox

管理職から見たリモートワーク--モチベーションとセキュリティの維持が重要

在宅勤務期間の長期化に伴いさまざまな課題が出てきているが、管理職視点では何が必要になるだろうか。Dropbox Japanでテクニカルアーキテクトを務める岡崎氏が、事例なども交えつつ解説する。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響も長期化しており、すでに在宅勤務などリモートワークを実践されている方からは、「慣れてきた」、あるいは「別の新しい課題が見つかってきた」といった意見もいただいています。Dropbox Japanでも2月18日から在宅勤務に移行しています。今回は、「Dropbox Business」ユーザーや、Dropboxで得られた管理職視点での知見について説明します。

コミュニケーションとモチベーションの維持

 在宅勤務の期間が長期化するに従って、同僚とのコミュニケーションや自身のモチベーション維持に関しての課題が浮かび上がっています。例えば、在宅勤務切り替え前にあった空き時間の同僚との会話など、ちょっとした機会が突然なくなってしまいました。

 趣味や家族の他愛のない話題から仕事上の相談事といった普段の会話には、目に見える形での業務効率アップがあるわけではありません。今回のように機会が全くなくなってみて孤独を感じたり、悩みを内面に抱えたままになって結果的に個人のクオリティ オブ ライフや仕事上の生産性に影響が出たりすることが考えられます。やがてはチーム全体に波及することも考えられ、少し大袈裟にでも対策を進める必要があります。

 Dropboxでは世界各拠点、拠点内でのコミュニケーション密度を在宅勤務に切り替えた後もより強化できるよう、いくつかの取り組みを進めています。金曜日の夕方には全員でチームビルディングを行ったり、トピックを定めず固定的に誰でも参加できる雑談時間をとったりするなど、孤立への対策を実施しています。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1799文字 ログインして続きを読んでください。

「クラウドストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]