クライアントセキュリティ サーバセキュリティ 標的型攻撃対策 電通国際情報サービス

端末保護ソフト「AppGuard」を仮想デスクトップ環境に--標的型攻撃に対応

磐田化学工業はサーバーベースコンピューティング(SBC)方式の仮想デスクトップ環境のセキュリティ対策として「AppGuard」を採用。標的型攻撃対策を狙った。

 食品や食品添加物などを製造、販売する磐田化学工業(静岡県磐田市、従業員数123人)は、法人向けエンドポイント保護ソフト「AppGuard Enterprise」、サーバー向け「AppGuard Server」を採用。

 サーバー上のOS、アプリケーションを複数のユーザーで共有するサーバーベースコンピューティング(SBC)方式の仮想デスクトップ環境に世界で初めて導入したという。5月11日、提供した電通国際情報サービス(ISID、港区)が発表した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約653文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム
  2. PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?
  3. 【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは
  4. セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る
  5. SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]