開発ツール

ラズパイ用カメラモジュール「High Quality Camera」--12.3メガピクセルで価格は50ドル

Raspberry Pi Foundationは新しいカメラオプション「High Quality Camera」を発表した。12.3メガピクセルで、価格は50ドルとなっている。

 「Raspberry Pi 4」が売り上げを伸ばす中で、Raspberry Pi Foundationは新しいカメラオプション「High Quality Camera」を発表した。High Quality Cameraは12.3メガピクセルで、価格は50ドルと手頃だ。

 Raspberry Pi Foundationがカメラ市場に投入した最初の製品は、OmniVisionの5メガピクセルセンサーを中心に構築されており、2015年に販売が終了した。2016年に発売された後継製品は、ソニーの8メガピクセルの「IMX219」センサーを中心に構築されており、「Raspberry Pi」の熱狂的なファンやDIYカメラホビイストの間ですぐに人気を博した。彼らは、望遠鏡からキュウリ選別機まで、同ボードのありとあらゆる用途を見つけ出した。

 製品名が示唆するように、Raspberry Pi FoundationのHigh Quality Cameraは、大幅なアップグレードが施されており、ソニーの12.3メガピクセルの「IMX477」センサーを搭載する。Raspberry Pi Foundationによると、IMX477はIMX219の2倍のピクセル領域を提供するだけでなく、暗所での撮影性能を高める裏面照射型センサーアーキテクチャーや統合されたバックフォーカス調整リングも備えるという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約879文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]