チャット

「Slack」でサイドバーにカスタム項目を追加するには

「Slack」のサイドバーにカスタム項目を新たに追加し、関連するチャンネルやダイレクトメッセージ(DM)スレッドをまとめれば、必要な情報へのより早いアクセスが可能となる。

 「Slack」のパワーユーザーを自認している人なら、おそらく、同ソフトウェアの操作性を美しいまでに最適化し、効率化しているはずだ。在宅勤務をする人が急増したことを考えると、仕事をやり遂げるためには、高速かつ効率的なコミュニケーションとコラボレーションが鍵となる。

 その目的を果たすため、読者の皆さんはおそらく、さまざまなカスタマイズを施して、ソフトウェアが自分の思い通りに動くようにしているはずだ。これは、Slackがライバルよりも優れている点の1つである。Slackは無限に思えるほど多くのカスタマイズ機能を提供する。新しいサイドバー項目を作成できることも、そうしたカスタマイズ機能の1つである。これを利用すれば、以下のような特別な項目をSlackのサイドバー内に追加することができる。

  • お知らせ
  • チームのチャンネル
  • 優先すべき会話
  • 特定の共同作業相手
  • プロジェクト

 例えば、職場で特定のプロジェクトを割り当てられたとしよう。Slackに関しては、そのプロジェクトに関連するチャンネルがワークスペースにあるほか、共同作業相手とのダイレクトメッセージ(DM)スレッドもある。チャンネルとDMの間を頻繁に行き来する代わりに、すべてを1カ所に集約できたら便利なのではないだろうか。それによって、共同作業の効率性は飛躍的に向上するはずだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1516文字 ログインして続きを読んでください。

「チャット」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]