ウェブ会議 チャット

オフィスにいるようなコミュニケーション--仮想オフィスサービス3選

仮想オフィスツールとは皆が別々の場所で働いていても、オフィスで一緒に働いているときのような感覚でのコミュニケーションを可能にするツールだ。ここでは、3つのサービスを紹介する。

 政府が発令した緊急事態宣言が、原則5月末まで延期されることが決定した。今後も多くの企業が出社を禁じたり、テレワークを拡大したりする動きは盛んになるだろう。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と私たちとの戦いは長期戦になる。それに伴い、今まで「当たり前」だった働き方がそうではなくなり、新しい働き方が定着する可能性もある。

 例えばリモートワークがその一例だろう。“ウィズコロナ”や“アフターコロナ”の世界において、リモートワークはひとつの働き方として確立するだろう。

 一方で、リモートワークに慣れていない会社が、突然リモートワークに切り替えると、従来のコミュニケーションができず、戸惑うこともあると考えられる。オフィスで働いていたときのコミュニケーションの長所は残しながらも、在宅で働ける環境を作り出すことが、企業には求められているだろう。

 ここでは、そんなときに助けとなる「仮想(バーチャル)オフィスツール」を紹介したい。仮想オフィスツールとは皆が別々の場所で働いていても、オフィスで一緒に働いているときのような感覚でコミュニケーションを図れるツールである。

メンバーの顔を見て適切なタイミングで声かけできる「Remotty」

 オフィスで行われていたコミュニケーションには、挨拶や雑談、軽い声かけがあった。しかし、チャットツールがメインのリモートワークでは、業務連絡以外のコミュニケーションが失われやすい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1679文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム
  2. PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?
  3. 【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは
  4. セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る
  5. SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]