ウェブ会議

ライブストリーミングで情報発信--「YouTube」など4サービスの使用法

「Zoom」などによるビデオ会議と異なり、ライブストリーミングでは全世界の無数のユーザーにメッセージを伝えられる。特に有用なライブストリーミング製品を4つ紹介する。

 COVID-19封じ込めの取り組みが続くなか、「Google Meet」「Zoom」「Microsoft Teams」などのビデオ会議ツールが多くの業務に使われている。対面での会議が制限されている現在、これらのシステムによって、多くの人が相手の顔を見て話し合い、画面を共有することができる。デバイス、インターネットアクセス、アプリがあれば、会議の開催が可能だ。

 ライブストリーミングも、中核のインフラストラクチャーは同じで、デバイス、インターネット、アプリだが、伝えたいことを世界に向けて発信できる。ライブストリーミングなら、配信可能な範囲が会議の参加者数によって制限されることがなく、ウェブ、モバイルデバイス、アプリで動画を視聴してもらえる。

 ライブストリーミングは、ビジネスパーソン、教育者、非営利団体のリーダーに非常に適している。自分の個性を伝えられるし、現在営業中であると知らせることもできる。レストランのオーナーなら、日替わりのテイクアウト特別メニューについて説明し、動画を見せてもいいだろう。教育者は講義やヒントを共有し、生徒や親、保護者を安心させる言葉をかけることができる。ミュージシャンや作家は、パフォーマンスや朗読ライブを共有してもいいかもしれない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3205文字 ログインして続きを読んでください。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]