文書管理 ファイル共有 アルフレスコ・ジャパン

富士フイルム、国内外数万点の技術文書管理基盤を十数年ぶりに刷新

富士フイルムのメディカルシステム事業部は、技術ドキュメントの管理基盤を「Alfresco Content Services」で刷新。国内外の数万点以上のドキュメントの発行、管理、公開というフローを均一化している。

 富士フイルム(港区、連結従業員数3万1844人)のメディカルシステム事業部が、エンタープライズコンテンツ管理(ECM)ツール「Alfresco Content Services」を採用。ドキュメントの発行、管理、公開というフローを効率化し、管理レベルを同一化したという。4月30日、提供したシステム開発ベンダーのリックソフト(千代田区)が発表した。

 富士フイルムの国内外販社のフィールドエンジニアが医療機器全般を設置、保守するための技術ドキュメントは、新規、改訂あわせて数万点以上あるという。

 ドキュメントをシステムに登録するための承認ワークフロー、それらのバージョン管理やシステムの設定といった保管、管理、公開、閲覧時の検索などの国内の共通基盤としてグループウェアを活用。2019年にサポートが終了、システム刷新が必要になるとともに、海外ではドキュメント検索の使い勝手を課題としていたという。保守、運用の負荷やコスト抑制、環境共通化のため検討に至ったとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約562文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム
  2. PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?
  3. 【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは
  4. セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る
  5. SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]