ウイルス対策 日本HP

日本HP、PCセキュリティ強化--SOCがない中堅中小向けにマネージドサービス

日本HPは、SOCを持たない中堅中小企業向けにマネージドサービス「HP Proactive Security」を提供。ダッシュボードによる保護状態を把握し、インシデント発生時は日本HPが認定する専門家がクラウド経由で対応する。

 日本HPは4月30日、セキュリティ監視センター(SOC)がある従業員5000人以上の企業を対象にした「HP Sure Click Enterprise」などを発表した。5月下旬からの提供を予定している。

 SOCを持たない、従業員200~5000人程度の企業向けにマネージドサービス「HP Proactive Security」を4月16日からすでに提供を開始、IT管理者を用意できない200人未満の団体や組織を対象にしたセキュリティツール「HP Pro Security Edition」は今夏からの提供を予定している。Pro Security Editionは、既存の「HP Sure Click Pro」と「HP Sure Sense Pro」を統合した。

 日本HPが提示した各調査レポートによれば、マルウェアに感染した理由の94%はメールの添付ファイルが原因であり、ゼロデイ攻撃に代表されるユニークな脅威数は月間50億件にもおよぶ。また、従業員の36%が適切なセキュリティ対策を講じておらず、IT管理者の懸念材料となり、セキュリティ脅威の96%は数カ月間検知されない現状は健全な企業活動を妨げる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2039文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]