オフィスソフト

「Excel」の条件付き書式--意図したとおりに機能しないケースとその対策

「Microsoft Excel」の条件付き書式は便利だが、思うような結果を得られず、さらにそのことに気づけない場合もある。条件がうまく機能しないケースと、その対策を紹介する。

 「Microsoft Excel」の条件付き書式は、すぐに書式を適用できる柔軟なツールだ。データを更新すると、それに応じてルールが書式を更新する。簡単に適用できるが、いつも思ったとおりに機能するとは限らない。ときには、予想外の動きをしていることに気づかない場合もある。

 本記事では、あるケースでは機能して別のケースでは機能しないExcelの数式ルールについて説明する。まずは、4列のデータセットの特定の値を強調表示する簡単な数式を見ていく。次に、同じルールを一連のラベルに適用してみるが、そのケースでは適切に機能しない。

 筆者は「Office 365」(デスクトップ版)を使用しているが、古いバージョンを使っても構わない。ここから先は、デモ用の.xlsxファイルをダウンロードしてほしい。ブラウザーは既存の条件付き書式ルールをサポートするが、ブラウザーで数式ルールを適用することはできない。

適切に機能する条件付き書式ルール

 Excelの数式ルールは、読者の皆さんも使ったことがあるはずだ。簡単に適用できるが、扱いが難しい場合もある。ルールをデータセット(基本的には配列)に適用することで、選択した値を1つのルールによって書式設定できる。これを説明するため、図Aに示す単純なデータセットで、21以下の値を強調表示する(この例では21という数字や等価演算子を使用しているが、他の数字や演算子でも構わない)。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]