開発ツール

「Raspberry Pi 4」で遊ぼう(後編)「Windows」で操作

「Raspberry Pi 4」は、Raspberry Pi財団が開発したシングルボードコンピュータだ。Raspberry Pi 4を「Windows」で操作できるようにする手順までを紹介する。

ラズパイ4をWindowsから操作する

 前編では、「Raspberry Pi 4」(以下ラズパイ4)を使う最低限の環境を整えるところまでを終えた。実際に自宅環境を考えると、ラズパイ4専用のキーボード、マウス、ディスプレイを用意するのは難しい。ディスプレイなどは、パソコンで使用しているモノと共用になってしまうだろう。

 そこでお勧めしたいのが、Windowsからラズパイ4を操作する方法だ。コマンドライン(CLI)でラズパイ4にアクセスする方法、リモートデスクトップを利用してRaspbianのデスクトップ画面を使用する方法の2つを紹介する。

コマンドラインで接続

 ラズパイ4でコマンドラインを起動し、次のように入力して設定ツール「raspi-config」を起動する。

sudo raspi-config
raspi-configのメニュー画面
raspi-configのメニュー画面

 メニューの5番目「Interfacing Option」を選択し、表示されたメニューの2番目にある「SSH」を有効(Enable)にする。

SSHを有効にする。
SSHを有効にする。

 Windows 10では、「Microsoft Store」から「Windows Terminal」をインストールする。Windows Terminalは、昨年5月に開催されたマイクロソフト社の開発者カンファレンス「Build 2019」で開発が表明されたWindows 10用のターミナルソフトだ。現在は、プレビューとなっているが、4月中もしくは5月には正式版がリリースされる。同ソフトを使うことで、他のターミナルソフトを使う必要がなくなる。Windows Terminalは、タブ機能でアクセス先を切り替えたりすることができるため、強力なターミナルソフトとして多くの開発者が利用することになるだろう。

Microsoft StoreからWindows Terminalをインストールする。
Microsoft StoreからWindows Terminalをインストールする。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]