開発ツール

「Raspberry Pi 4」で遊ぼう(前編)環境を設定

「Raspberry Pi 4」は、Raspberry Pi財団が開発したシングルボードコンピュータだ。Raspberry Pi 4を使えるよう環境を設定する手順までを紹介する。

 新型コロナウイルスの影響でテレワークや自宅待機になった人も多くいるだろう。こういった時だからこそ、新たなスキルを身につけるために、いろいろなコトに挑戦してほしい。そこで、2019年11月に日本国内で発売された「Raspberry Pi 4 Model B」(以下ラズパイ4)を紹介する。

 Raspberry Piは、英国のRaspberry Pi財団が開発したシングルボードコンピュータだ。最初の製品として2012年に発売された「Raspberry Pi 1」は、低価格でありながら様々な用途に使えるコンピュータということで、大ヒットした。特に、IoT関連のビジネスが増えてくるにつれて、IoT用のコンピュータとして使われたり、システムのソフトウェア開発ベースとして利用されたりしている。

ラズパイ4は、クレジットカードサイズ大のボードコンピュータ(Raspberry Pi財団のウェブサイトより)
ラズパイ4は、クレジットカードサイズ大のボードコンピュータ(Raspberry Pi財団のウェブサイトより)
ラズパイ4は、Micro HDMI出力、オーディオ出力、USB2、USB3、有線ギガビットイーサネット、Wi-Fiなどがまとまったボードコンピュータだ。
ラズパイ4は、Micro HDMI出力、オーディオ出力、USB2、USB3、有線ギガビットイーサネット、Wi-Fiなどがまとまったボードコンピュータだ。

 Raspberry Piの最大の特徴は、HAT(Hardware Attached on Top)と呼ばれる拡張カードが販売されていることだ。Raspberry Pi財団は、Raspberry Pi HATの仕様を公開しているため、この仕様ベースにさまざまな拡張カードが作られている。例えば、液晶ディスプレーがあったり、高機能なデジタルオーディオカードがあったりする。また、CCDカメラ、温度・湿度センサーなども発売されている。最近では、Raspberry Piをコンピューターとして、多様なHATを接続したロボットカーキットなども発売されている。

ラズパイをコントロール用のコンピュータとして搭載するロボットカーなども発売されている(OSOYOOのウェブサイトより)。
ラズパイをコントロール用のコンピュータとして搭載するロボットカーなども発売されている(OSOYOOのウェブサイトより)。

 ラズパイ4は、2019年6月に英国で発売されたが、本体にWi-FiやBluetoothなどの無線機能を搭載しているため、日本の技適マークを取得するのに時間がかかり2019年11月の発売となった。

 ラズパイ4は、以前のラズパイ3に比べるとプロセッサーが大幅に性能アップしている。プロセッサーには、「Broadcom BCM2711」(1.5GHz)を使用している。Broadcom BCM7211は、「Arm Cortex-A72」(ARM v8)の4コアとなっている。また、64ビットプロセッサーとなっているため、64ビットOSでは高いパフォーマンスを示す。

 さらに、1Gbpsの有線イーサネット、IEEE802.11 acのWi-Fi、Bluetooth 5、USB3.0×2、USB2.0×2などを搭載している。特に1Gbpsのイーサネット、USB3.0の採用は、多くのユーザーがリクエストしていた機能だ(ラズパイ3でも、1Gbpsのイーサネットが用意されていたが、USB2.0経由だったため、1Gbpsの性能は出なかった)。また、メインメモリも4GBにまで拡張されている(1GB、2GBのモデルも用意されているが、日本国内では2GBと4GBが中心)。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]