ウェブ会議

イベントをデジタルで開催--成功に向けた4つのヒント

物理的なイベントをオンラインに移行して、デジタルイベントを開催するのは、想像以上に難しい場合もある。デジタルイベントの成功の秘訣を専門家に聞いた。

 コロナウイルスの感染拡大への懸念により、世界中の組織が多数のイベント、カンファレンス、セミナーの中止を余儀なくされた。膨大な人数が参加していた年次イベントを救うため、各社はさまざまなプラットフォームを使用して、バーチャルなサミットやウェビナーを開催しようとしている。だが、多くの組織はこの1カ月で、イベントのデジタル化が思っていたほど簡単ではないことを身をもって学んだ。適切なプラットフォームを見つけて、参加者の関心をつなぎとめ、従来の対面のサミットと同じ価値を提供するのは、難しい場合がある。

 デジタル体験プラットフォームを手がけるON24でマーケティング担当バイスプレジデントを務めるMark Bornstein氏によると、状況は改善しつつあるが、組織は今もデジタルイベントの問題を苦労して解決しているところだという。

 「デジタルエンゲージメントは過去数年でますます進歩しているが、ここ1カ月の全面的なソーシャルディスタンシングに対する人々の反応は興味深いものだった。人々はさまざまな方法で、バーチャルハッピーアワーやバーチャルパーティーを楽しんだり、子どもたちとバーチャル絵画教室に参加したりしている」。Bornstein氏はこのように述べた。

 「彼らはこれまでにないやり方で工夫を凝らし、オンラインで関わりを持ち続ける方法を見つけた。そのため、デジタルイベントへの期待が大きくなっている」

 デジタルサミットやバーチャルイベントに参加してもらえるか心配していた企業もあったが、参加者数が極めて多いことはデータが示している。Bornstein氏は、ON24のネットワーク上でのライブウェビナーやイベントの件数が前年比で330%増加しており、このペースで行けば2020年だけで25万件のウェビナーが開催される見通しだと述べた。Bornstein氏によれば、ON24では約10億分間のオーディエンスエンゲージメントがあったという。

 米TechRepublicが話を聞いた専門家たちが、デジタルイベントの開催に活かせる4つのヒントを紹介してくれた。

1. 人々の関心をつなぎとめる

 エンゲージメントはおそらく、ビデオ会議プラットフォームへの移行時にイベント開催者が直面する最大の問題の1つだろう。

 AIキャプション企業Verbitのマーケティング担当バイスプレジデントであるJacques Botbol氏は、コンピューター画面越しに参加者の関心をつなぎとめる鍵はインタラクティブ性だ、と述べた。

 「当社はサミットやウェビナーにインタラクティブ性をふんだんに盛り込む。多数の投票を実施したり、質問をライブで公募したりすることを試している。これは当社が非常に重要だと考えていることだ。ライブ投票を実施して、結果を全員に共有する」とBotbol氏は語る。

 「その後、投票結果についての洞察を共有する。エンゲージメントとアクセシビリティーを高めるには、ライブキャプションもお薦めだ。耳が不自由でない人も、ライブキャプションがあると、ない場合よりエンゲージメントが80%高まることが、当社のデータから分かっている。これはエンゲージメントという点において非常に重要な指標だ」

 Bornstein氏はさらに、効果的なデジタルイベントには、実際の物理的なイベントが持つ人間的な没入感や親しみやすさという要素が残っている、と述べた。やはりバーチャルイベントにも、インタラクティブ性やソーシャルネットワーキング、参加者間のネットワーキングが必要だ。イベントをビデオプラットフォームで開催するからといって、受動的な体験にする必要はない、と同氏は語る。

 「デジタルイベントはプレゼンテーションのストリーミングのようなものとみなされているが、本当に優れたイベントはもっとインタラクティブ性が高く、質問やコンテンツのダウンロードを通じて参加者と関わり合うことができる。私が見てきた中には、基本的にストリーミングプラットフォームに移行しただけの組織や、ソーシャルストリーミングを使用してイベントをストリーミングするだけの組織もあった」とBornstein氏。「それでも構わないし、多くの人にプレゼンテーションを見てもらえる。だが、それは完全に受動的な体験だ。参加者はイベントを見聞きすることしかできない」

 成功するバーチャルイベントは、投票、フォーラム、議論によって、参加者の関心をつなぎとめるものだ。どんなイベントでも、開かれたQ&Aセッションを設けるとともに、対面のイベントでよく手渡しされるようなギフトをダウンロードできるようにしなければならない。可能であればゲーミフィケーションを追加してもいいだろう、とBornstein氏は述べる。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]