VPN MDM

緊急時、ビジネスの停滞を最小限に食い止めるためのテレワークのあり方

天災など不測の事態における緊急時対応としての「今日からできるテレワーク」と、中長期的視点で事業を継続していくための事業継続計画(BCP)の一環としての「明日からのテレワーク」を考えます。

 新型コロナウイルスの蔓延は世界中で未曾有の混乱を引き起こし、こうして原稿を書いている今も状況は刻々と変化しています。この記事が掲載される頃には少しでも収束に向かっていることを願って止みません。

 このウイルスが引き起こした混乱によって、人々の働き方も企業の事業継続に対する考え方も、一瞬の間に大きな変化を余儀なくされました。外出や都市間移動の自粛が求められる中で、在宅勤務を中心としたテレワークの必要性が急激に高まりました。

 テレワークの環境については、2019年4月に施行された働き方改革関連法が大きな後押しとなり大手企業を中心に少しずつ整備され始めていたのは不幸中の幸いとも言えますが、こうした対応ができる企業は一部の限られた企業だけです。多くの企業にとって、テレワークに速やかに移行して通常と変わらないレベルで業務を継続することはとても難しいことだと思います。

 筆者の所属するゾーホージャパンは、横浜本社からおよそ200km離れた静岡県川根本町に2016年からサテライトオフィスを置き、自らが本格的なテレワークを実践してきました。ここでは、自社でのテレワーク環境構築の経験やノウハウをベースに、天災など不測の事態における緊急時対応としての「今日からできるテレワーク」と、中長期的視点で事業を継続していくための事業継続計画(BCP)の一環としての「明日からのテレワーク」について、その導入のポイントを4回にわたって紹介していきます。

緊急時にまず考えるべきこと

 緊急時対応でテレワーク環境を整えることから考えていきます。この際、最も大きな課題となるのは端末(PC、タブレット、スマートフォン)をどうするかということです。主な選択肢としては、以下の3つが考えられます。

  1. 職場で使っている端末を利用する
  2. テレワーク用の端末を新たに購入して配布する
  3. 従業員の私物の端末を使う(BYOD)

 これらの選択肢について、メリットとデメリットを考えてみましょう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2467文字 ログインして続きを読んでください。

「VPN」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]