PC ワンビ VAIO

VAIO、テレワーク向けに“短納期”モデル--最短3営業日で納品

VAIOはテレワーク支援策として、最短3営業日で納品できる短納期の法人向けPCの販売を開始した。遠隔でデータを消去できるサービスを無償で提供する。

 VAIO(長野県安曇野市)は4月23日、テレワークの緊急支援対策ページを公開。法人向けPCの短納期モデルを販売、遠隔でデータを消去できるサービス「TRUST DELETE Biz for VAIO PC」を無償提供するという。

GW中の目安(出典:VAIO) GW中の目安(出典:VAIO)
※クリックすると拡大画像が見られます

 最短3営業日で納品できるという短納期モデルは、12.5型ワイドの「Pro PJ」、13.3型ワイドの「Pro PG」の2種類。いずれもWindows 10 Proをプリインストールし、8GBのメモリーと256GBのソリッドステートドライブ(SSD)、LTEモジュール、指紋認証、OSやハードウェアから独立して機能するセキュリティーチップ(Trusted Platform Module:TPM)なども共通で搭載する。

 CPUは第8世代プロセッサーで、2018年から展開されているWhiskey Lake「Core i5-8265U」、2017年から展開するKaby Lake R「Core i5-8250U」となっている。

 SIMカードを挿入して通信できるLTE搭載を薦める理由として、光ファイバー回線の通信速度低下を指摘。緊急事態宣言以降の在宅勤務者増加に伴い、特にマンションなどの集合住宅に多い共有型の配線方式では過負荷により通信速度が低下する可能性があるという。「Zoom」「Microsoft Teams」といったウェブ会議をスムーズに実施するため、自宅の通信環境とは別の手段の用意が重要と説明。一例として、昼間に比べて深夜のネットワークが遅いと感じていた場合、その状態が一日中続く可能性を挙げている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1148文字 ログインして続きを読んでください。

「PC」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]