ウェブ会議

「Zoom」入門--人気ビデオ会議アプリの機能とセキュリティ問題

「Zoom」はリモートワークの世界的な拡大を背景にシェアを伸ばしたビデオ会議ツールだ。使いやすさに定評のある機能、各種プラン、報じられている多数のセキュリティ問題などを解説する。

 COVID-19のパンデミックにより、在宅勤務をする人が増加している。従業員が分散して働くようになったため、多くの企業は、新たな標準となったバーチャル会議への適応を迫られており、この状況がビデオチャット/会議ソフトウェアの「Zoom」にとって強い追い風となった。

 Zoomが2020年2月に獲得した新規ユーザー数は、2019年通年の獲得数を上回る。主要メディアプラットフォームがZoomを使って自宅のアナウンサーからの中継をストリーミングするようになり、「Zooming」(Zoom会議)はすぐにビデオチャットやバーチャル会議の代名詞となった。

 Zoomの急激な成長に伴い、以前はあまり認識されていなかったセキュリティとプライバシーの問題に注目が集まり、世界中の主要企業や政府機関がZoomの業務利用を禁止するようになっている。また、50万件のユーザー認証情報がダークウェブで販売されていることが確認された。

 Zoomはセキュリティ面の多数の問題を修正すると固く約束したが、それでも3分の1のユーザーはZoomを使うことに不安を感じている。Zoomは今でも使用する価値のあるビデオ会議アプリなのだろうか。その価値があるとしても、多くの個人と企業のセキュリティが危険にさらされるおそれがある中で、どのようなユーザーが使用するべきなのだろうか。Zoomの基本事項をまとめた本記事で、詳しく解説する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4896文字 ログインして続きを読んでください。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]