RPA AI・機械学習

RPA「Automation Anywhere」、自然言語処理との連携拡充--「IQ Bot」はクラウド版提供

オートメーション・エニウェア・ジャパンは、RPAプラットフォーム「Automation Anywhere Enterprise A2019」と人工知能(AI)ソリューション「IQ Bot」に追加された機能を説明した。

 ロボティックプロセスオートメーション(RPA)プロバイダーのオートメーション・エニウェア・ジャパン(AAJ)は4月22日、記者説明会を開催し、同社のRPAプラットフォーム「Automation Anywhere Enterprise A2019」と人工知能(AI)ソリューション「IQ Bot」に追加された機能を説明した。

 Enterprise A2019は、ウェブベースのクラウドネイティブな「RPA-as-a-Service」サービスプラットフォームとして2019年10月に提供開始。利用や開発が容易なエクスペリエンスの提供、インストールやサーバー設置が不要なことで可能となる素早い展開や拡張性、AIを活用したインテリジェントオートメーションの実現を特徴とする。

インテリジェントオートメーション プラットフォームアーキテクチャー

 Enterprise A2019は現在、他社製AIと連携するためのアクション(同プラットフォーム内で使われるコマンド)が拡充されている。作業を自動化する際、他社製AIと機能連携することでより高度な自動化が可能となるが、アクションは、他社製AIとデータのやり取りをするためのコネクタとして機能する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2616文字 ログインして続きを読んでください。

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]